「awk」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(使用例)
 
行1: 行1:
== awk とは?==
+
== AWK とは? ==
  
Mac OS X に標準で搭載されている行単位テキスト変換などを行うのに使用されるプログラム。詳しくは [[Wikipedia:awk]] などを参照して下さい。
+
[[MacOSX|Mac OS X]] に標準で搭載されている行単位テキスト変換などを行うのに使用されるプログラム。詳しくは [[Wikipedia:AWK]] などを参照して下さい。
  
 
== 使用例 ==
 
== 使用例 ==
行14: 行14:
 
* プログラミング言語でもあるので、処理内容をソースプログラムに書いて実行できる。
 
* プログラミング言語でもあるので、処理内容をソースプログラムに書いて実行できる。
 
  awk -F, -f source.awk inputdata.txt
 
  awk -F, -f source.awk inputdata.txt
 +
 +
[[Category:ソフトウェア|Awk]]

2014年9月23日 (火) 07:57時点における最新版

AWK とは?[編集]

Mac OS X に標準で搭載されている行単位テキスト変換などを行うのに使用されるプログラム。詳しくは Wikipedia:AWK などを参照して下さい。

使用例[編集]

  • -F, の指定で入力用1行内区切り文字 field separator (FS) を FS = "," に設定できる。無指定時は区切り文字に空白 " " が用いられる。
  • NF は「フィールド数」変数。$n は n-番目フィールド値。$0 は行全体。NR は「行番号値」変数。
  • print コマンドの引数は、引数が 0 個では $0 が使われ、複数個の引数は単純連結される。
awk -F, '{if (NF > 2) print "* " $3; else print $0}' inputdata.txt
  • else 文の部分を実行しない場合は簡略に書ける。
awk -F, 'NF > 2 {print "* " $3}' inputdata.txt
  • プログラミング言語でもあるので、処理内容をソースプログラムに書いて実行できる。
awk -F, -f source.awk inputdata.txt