「TextEdit」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(テキストエディット (TextEdit) とは?)
(機能)
行11: 行11:
  
 
フォーマットメニューからテキスト > 表...とすれば、表を扱うことができる。
 
フォーマットメニューからテキスト > 表...とすれば、表を扱うことができる。
 +
 +
*ショートカット
 +
Emacsのようなショートカットキーが使える。
 +
 +
  control - t    (文字の入れ替え)
 +
  control - v    (下のページへ)
 +
  control - p    (上の行へ)
 +
  control - n    (下の行へ)
 +
  control - a    (段落の最初へ)
 +
  control - e    (段落の最後へ)
 +
  control - y    (カットされていたテキストが挿入される:commad-vと使い分けると素晴らしい)
 +
  control - d    (一文字削除  前方へすすむ)
 +
  control - h    (一文字削除 後方へもどる)
 +
  control - b    (後方へ一文字もどる)
 +
  control - f    (前方へ一文字すすむ)
 +
  esc            単語の途中で候補を示す(ヘルプにはOpt-ESCとあるが?)
  
 
== Wiki内の関連ページ ==
 
== Wiki内の関連ページ ==

2007年11月21日 (水) 22:24時点における版

テキストエディット (TextEdit) とは?

Mac OS X 標準のテキストエディタ。 標準でリッチテキスト、標準テキスト、ワード、HTMLなどのフォーマットを扱うことができる。

機能

フォーマットメニューからテキスト > 表...とすれば、表を扱うことができる。

  • ショートカット

Emacsのようなショートカットキーが使える。

  control - t    (文字の入れ替え)
  control - v    (下のページへ)
  control - p    (上の行へ)
  control - n    (下の行へ)
  control - a    (段落の最初へ)
  control - e    (段落の最後へ)
  control - y    (カットされていたテキストが挿入される:commad-vと使い分けると素晴らしい)
  control - d    (一文字削除  前方へすすむ)
  control - h    (一文字削除 後方へもどる)
  control - b    (後方へ一文字もどる)
  control - f    (前方へ一文字すすむ)
  esc             単語の途中で候補を示す(ヘルプにはOpt-ESCとあるが?)

Wiki内の関連ページ