「TeX Live」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
行1: 行1:
TeX Live は現在最もよく使われていると思われる TeX のバイナリパッケージ集である。  
+
[http://www.tug.org/texlive/ TeX Live] は現在最もよく使われていると思われる TeX のバイナリパッケージ集である。  
 +
 
 +
===TeX Live 2011===
 +
 
 +
* [http://www2.kumagaku.ac.jp/teacher/herogw/ Additional Tools for MacTeX/TeXLive 2011]
 +
「pTeXが含まれるようになったMacTeX/TeXLive 2011にOTF/UTFパッケージなどを追加したうえで、ヒラギノ・フォントを使えるようにする設定までを自動で済ませるための日本語環境完全化パッケージ。」とのこと。
 +
 
  
 
===TeX Live 2010===
 
===TeX Live 2010===

2011年8月6日 (土) 23:34時点における版

TeX Live は現在最もよく使われていると思われる TeX のバイナリパッケージ集である。

TeX Live 2011

「pTeXが含まれるようになったMacTeX/TeXLive 2011にOTF/UTFパッケージなどを追加したうえで、ヒラギノ・フォントを使えるようにする設定までを自動で済ませるための日本語環境完全化パッケージ。」とのこと。


TeX Live 2010

TeX Live 2010 からは pTeX が収録されている。デフォルトのエンコードは utf-8 に設定されている。

makejvf や mendex などの周辺ツールも用意されてあるが、JBibTeX は pbibtex というコマンドに変更されている。また、updmap(-sys) の KanjiMap 拡張は行われていない。xdvi は日本語に対応しない。pLaTeX 2.09 は省かれている。jsclasses は収録されているが otf.sty などは未収録なので注意が必要。(挑戦例として→texlive 2010にotfをインストール その2

fmt ファイルが省かれているので、そのままでは TeXShop で動作しない。(TeXShop 側でのスクリプトファイルの書き換えが必要)

TeX Live 2010 のインストール

TeX Live 2010 の ISO イメージファイルを取得し、ファインダーからダブルクリックしてマウント後、以下のようにしてインストールする。

$ cd /Volumes/TeXLive2010/
$ sudo ./install-tl
======================> TeX Live installation procedure <=====================

=======> Note: Letters/digits in <angle brackets> indicate menu items <=======
=======>       for commands or configurable options                   <=======

 Detected platform: universal binaries for MacOSX/Darwin
 
 <B> binary systems: 1 out of 19

 <S> installation scheme (scheme-full)
     85 collections out of 86, disk space required: 2401 MB

 Customizing installation scheme:
   <C> standard collections
   <L> language collections

 <D> directories:
   TEXDIR (the main TeX directory):
     /usr/local/texlive/2010
   TEXMFLOCAL (directory for site-wide local files):
     /usr/local/texlive/texmf-local
   TEXMFSYSVAR (directory for variable and automatically generated data):
     /usr/local/texlive/2010/texmf-var
   TEXMFSYSCONFIG (directory for local config):
     /usr/local/texlive/2010/texmf-config
   TEXMFVAR (personal directory for variable and automatically generated data):
     ~/.texlive2010/texmf-var
   TEXMFCONFIG (personal directory for local config):
     ~/.texlive2010/texmf-config
   TEXMFHOME (directory for user-specific files):
     ~/texmf

 <O> options:
   [ ] use letter size instead of A4 by default
   [X] allow execution of restricted list of programs via \write18
   [X] create all format files
   [X] install macro/font doc tree
   [X] install macro/font source tree
   [ ] create symlinks to standard directories

Actions:
 <I> start installation to hard disk
 <H> help
 <Q> quit

Enter command: i
  • 標準では universal binary (i386/ppc) がインストールされる。これを x86_64 バイナリに変更するには b を押してメニューより選択する。
  • TeX Live 2010 は /usr/local/texlive/2010 以下にインストールされる。

PATH の設定

インストール後には、TeX Live 2010 に PATH を通しておく必要がある。これには、たとえば以下のような設定行を ~/.bash_profile の適切な場所に追加する。(universal binary をインストールした場合)

[~/.bash_profile]
...
test -d /usr/local/texlive/2010 && PATH=/usr/local/texlive/2010/bin/universal-darwin:$PATH &&
                                   MANPATH=/usr/local/texlive/2010/texmf/doc/man:$MANPATH
export PATH MANPATH
...

tlmgr による TeX Live 2010 のアップデート

インターネット上のレポジトリを指定。

$ sudo tlmgr option repository http://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet/

tlmgr コマンド自体をアップデート。

$ sudo tlmgr update --self

更新対象となるパッケージの一覧を表示。

$ tlmgr update --list

パッケージを更新。

$ sudo tlmgr update --all

TeX Live 2010 でヒラギノフォントを使うには

TeX Live 2010 は、そのままでは Mac OS X 付属のヒラギノフォントを使うように設定されず、dvipdfmx がフォント非埋め込み状態の PDF を生成するなどの問題が生じる。ヒラギノフォントを積極的に使用するには、以下のような設定をおこなうとよい。

map ファイルの調整

TeX Live 2010 の updmap-sys は KanjiMap 拡張がなされていないので、ここでは既存の map ファイルを直接書き換える方法をとる。

  • dvips(k)
    • /usr/local/texlive/2010/texmf/fonts/map/dvips/tetex/cid-base.map を書き換える。
[/usr/local/texlive/2010/texmf/fonts/map/dvips/tetex/cid-base.map]
%% This file 'cid-base.map' is read by dvips for default
%% config.ps setting.
%%

%%
%% Aleph Example
%%

%% Adobe-Japan1
%omrml          Ryumin-Light-UniJIS-UCS2-H
%omgbm          GothicBBB-Medium-UniJIS-UCS2-H

%%
%% ASCII pTeX Examples
%%

%% Ryumin and GothicBBB found in PostScript printers:
%rml            Ryumin-Light-H
%gbm            GothicBBB-Medium-H
%rmlv           Ryumin-Light-V
%gbmv           GothicBBB-Medium-V

%%
%% Morisawa OpenType Basic 7 Family Pack
%%
%ryumin-l       A-OTF-RyuminPro-Light-H
%ryumin-l-v     A-OTF-RyuminPro-Light-V
%gtbbb-m        A-OTF-GothicBBBPro-Medium-H
%gtbbb-m-v      A-OTF-GothicBBBPro-Medium-V
%futomin-b      A-OTF-FutoMinA101Pro-Bold-H
%futomin-b-v    A-OTF-FutoMinA101Pro-Bold-V
%futogo-b       A-OTF-FutoGoB101Pro-Bold-H
%futogo-b-v     A-OTF-FutoGoB101Pro-Bold-V
%jun101-l       A-OTF-Jun101Pro-Light-H
%jun101-l-v     A-OTF-Jun101Pro-Light-V

%%
%% Morisawa (old cid)
%%
%ryumin-l       Ryumin-Light-H
%ryumin-l-v     Ryumin-Light-V
%gtbbb-m        GothicBBB-Medium-H
%gtbbb-m-v      GothicBBB-Medium-V
%futomin-b      FutoMinA101-Bold-H
%futomin-b-v    FutoMinA101-Bold-V
%futogo-b       FutoGoB101-Bold-H
%futogo-b-v     FutoGoB101-Bold-V
%jun101-l       Jun101-Light-H
%jun101-l-v     Jun101-Light-V

%%
%% Hiragino
%%
omrml           HiraMinPro-W3-UniJIS-UCS2-H
omgbm           HiraKakuPro-W6-UniJIS-UCS2-H
%
rml             HiraMinPro-W3-H
gbm             HiraKakuPro-W6-H
rmlv            HiraMinPro-W3-V
gbmv            HiraKakuPro-W6-V
%
ryumin-l        HiraMinPro-W3-H
ryumin-l-v      HiraMinPro-W3-V
gtbbb-m         HiraKakuPro-W3-H
gtbbb-m-v       HiraKakuPro-W3-V
futomin-b       HiraMinPro-W6-H
futomin-b-v     HiraMinPro-W6-V
futogo-b        HiraKakuPro-W6-H
futogo-b-v      HiraKakuPro-W6-V
jun101-l        HiraMaruPro-W4-H
jun101-l-v      HiraMaruPro-W4-V

なお、これらのフォントは現状、適切に設定された ghostscript 上 (MacPorts の port:ghostscript-fonts-hiragino など) でのみ利用できる。PS プリンタに直接送りたい場合には、ghostscript 付属の ps2pdf で変換してから印刷すること。

  • dvipdfmx
    • /usr/local/texlive/2010/texmf/fonts/map/dvipdfmx/cid-x.map を書き換える。
[/usr/local/texlive/2010/texmf/fonts/map/dvipdfmx/cid-x.map]
...
%%
%% Omega Examples
%%

%% Chinese
%% Arphic TrueType fonts as Adobe-{CNS1,GB1} CID-keyed font.
%ombkai UniCNS-UCS2-H bkai00mp
%ombsmi UniCNS-UCS2-H bsmi00lp
%omgkai UniGB-UCS2-H  gkai00mp
%omgbsn UniGB-UCS2-H  gbsn00lp

%% Japanese
%% Adobe-Japan1
%omrml  UniJIS-UCS2-H Ryumin-Light
%omgbm  UniJIS-UCS2-H GothicBBB-Medium

%% Korean
%omgtm  UniKS-UCS2-H  HYGoThic-Medium
%ombtr  UniKS-UCS2-H  batang

%%
%% ASCII pTeX Examples
%%

%% Ryumin and GothicBBB found in PostScript printers:
%rml  H Ryumin-Light
%gbm  H GothicBBB-Medium
%rmlv V Ryumin-Light
%gbmv V GothicBBB-Medium

%% Synthetic font used for futo* family.
%% jun101 not available.
%ryumin-l    H Ryumin-Light
%gtbbb-m     H GothicBBB-Medium
%futomin-b   H Ryumin-Light,Bold
%futogo-b    H GothicBBB-Medium,Bold
%ryumin-l-v  V Ryumin-Light
%gtbbb-m-v   V GothicBBB-Medium
%futomin-b-v V Ryumin-Light,Bold
%futogo-b-v  V GothicBBB-Medium,Bold

%% Morisawa OpenType Basic 7 Family Pack
%%
%ryumin-l     H A-OTF-RyuminPro-Light
%ryumin-l-v   V A-OTF-RyuminPro-Light
%gtbbb-m      H A-OTF-GothicBBBPro-Medium
%gtbbb-m-v    V A-OTF-GothicBBBPro-Medium
%futomin-b    H A-OTF-FutoMinA101Pro-Bold
%futomin-b-v  V A-OTF-FutoMinA101Pro-Bold
%futogo-b     H A-OTF-FutoGoB101Pro-Bold
%futogo-b-v   V A-OTF-FutoGoB101Pro-Bold
%jun101-l     H A-OTF-Jun101Pro-Light
%jun101-l-v   V A-OTF-Jun101Pro-Light

%% Hiragino
%%
omrml   UniJIS-UCS2-H   HiraMinPro-W3
omgbm   UniJIS-UCS2-H   HiraKakuPro-W6
%
rml         H   HiraMinPro-W3
gbm         H   HiraKakuPro-W6
rmlv        V   HiraMinPro-W3
gbmv        V   HiraKakuPro-W6
%
ryumin-l    H   HiraMinPro-W3.otf
ryumin-l-v  V   HiraMinPro-W3.otf
gtbbb-m     H   HiraKakuPro-W3.otf
gtbbb-m-v   V   HiraKakuPro-W3.otf
futomin-b   H   HiraMinPro-W6.otf
futomin-b-v V   HiraMinPro-W6.otf
futogo-b    H   HiraKakuPro-W6.otf
futogo-b-v  V   HiraKakuPro-W6.otf
jun101-l    H   HiraMaruPro-W4.otf
jun101-l-v  V   HiraMaruPro-W4.otf

%% MS Mincho/Gothic 
%msmin H msmincho
%msgot H msgothic
...

OpenType フォントの導入

  • /usr/local/texlive/2010/texmf/fonts/opentype/public/hiragino から実ファイルへリンクを張る。
$ sudo install -m 0755 -d /usr/local/texlive/2010/texmf/fonts/opentype/public/hiragino
$ cd /usr/local/texlive/2010/texmf/fonts/opentype/public/hiragino
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W3.otf" HiraMinPro-W3.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W6.otf" HiraMinPro-W6.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf" HiraKakuPro-W3.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W6.otf" HiraKakuPro-W6.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Std W8.otf" HiraKakuStd-W8.otf
$ sudo ln -s "/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ Pro W4.otf" HiraMaruPro-W4.otf
  • mktexlsr を実行してインデックスを更新する。
$ sudo mktexlsr

アップデート時の巻き戻しに注意

tlmgr で dvips / dvipdfmx が更新された場合、map ファイルが初期状態に戻されてしまうので注意。(この場合、ヒラギノフォント利用のための設定を再度おこなう必要が生じる。)

ちなみに、$TEXMFLOCAL が $TEXMFMAIN よりも先に来るディストリビューションの場合には $TEXMFLOCAL に更新後の map ファイルを置くこともできるのだが、TeX Live ではポリシーとして $TEXMFLOCAL が $TEXMFMAIN の後に来るように設定されており、この方法では回避できない。texmf.cnf のコメントによると、$TEXMFMAIN をユーザが変更するのはトラブルの元であると考えているため、このような措置にしているとのこと。

TeX Live 2008

TeX Live 2008 については、MacTeX のサイトでMac用インストーラ MacTeX.mpkg などが配布されている。このインストーラでは、TeX Live 本体のほか Ghostscript 8.63 および ImageMagick (Convert) 6.4.1、Latin Modern フォント、TeX Gyre フォントもインストールできる(「カスタム」で指定)。

ただし ASCII pTeX 関連はインストールされないので、pTeX が必要であれば別途ソースからインストールを行う必要がある。

MacTeX.mpkg がインストールするもの

TeX Live 2008 ディストリビューション本体

/usr/local/texlive/2008 にインストールされる。TeX Live 2007 がアンインストールされることはなく、2007と2008(あるいはそれ以降のバージョン)は共存可能である。 また、/usr/local/texlive/texmf-local という空のディレクトリが作成される。自分で追加したいマクロなどはここに置くとよい。今後配布される新しいバージョンのインストーラも、/usr/local/texlive/texmf-local の中身には触らない予定である。

各種GUIソフトウェア

/Applications/TeX に BibDesk、Excalibur、TeX Live Utility、TeXShop その他がインストールされる。また、/Applications/Utilities に i-Installer がインストールされる。

Mac 用ユーティリティ

/Library/TeX 内の4つのディレクトリ(.scripts, Documentation, Distributions, Root)に、様々なユーティリティがインストールされる。また、“TEX Distribution” という preference pane が /Library/PreferencePanes にインストールされる。

シンボリックリンク

/usr/texbin -> /usr/local/texlive 内の実行ファイルを含むディレクトリ
/usr/local/bin/texdist -> /Library/TeX 内のスクリプト

の2つのシンボリックリンクが作成される。次項のようにインストーラが PATH を設定してくれるが、自分で設定する必要があれば、/usr/texbin に PATH を通せばよい。

PATH および MANPATH の設定ファイル

/etc/paths.d/TeX (中身は /usr/texbin という1行)
/etc/manpaths.d/TeX (中身は /Library/TeX/Distributions/.DefaultTeX/Contents/Man という1行)

という2つのファイルが作成される。これらはそれぞれ PATH および MANPATH を設定するファイルである(ただし、Tiger 以前のシステム、および Tiger 以前のシステムからアップグレードインストールした Leopard では、この限りでない)。

TeX Live 2008 に pTeX を追加する

TeX Live には pTeX が含まれていない。pTeX が必要であればソースコードにパッチを当ててコンパイルすればよいが、全てを手動で行うのは中々に煩雑である。既存のスクリプトなどを利用するのが簡便だろう。

ptexlive の利用

土村氏によるptexlive を利用すれば TeX Live + pTeX をインストールできる。オプションの指定などについては、動作報告を見て参考にするとよい。 なお、TeX Live 2007 と TeX Live 2008 では、それぞれ利用する ptexlive のバージョンが異なる。

e-pTeX 用スクリプトの利用

北川氏が e-pTeX 関連で提供されているシェルスクリプトを利用することで TeX Live 2008 に pTeX (e-pTeX) を追加できる。TeX Live 2008 のMac用インストーラ MacTeX.mpkg であらかじめ TeX Live 2008 をインストールし、tl08-compile-90124.14.tar.gz 内のシェルスクリプトを実行すればよい。

  • インストールされた platex (+ pbibtex) → dvipdfmx で日本語pdfが作成できることを確認している。ただし、upTeX、upLaTeX の方の動作については未検証である。
準備

MacTeX.mpkg で TeX Live 2008 をインストールする。また、 http://sourceforge.jp/projects/eptex/wiki/tl08 に示されている「必要なファイル」を揃えておく(ここでは全て ~/src に保存してあると仮定する)。

  • この際、.lzma ファイルを伸長する必要がある。環境によっては、MacPorts で lzmautils をインストールするなどの準備が必要かもしれない。
option ファイルの修正
cd ~/src
tar xzf tl08-compile-90124.14.tar.gz

~/src に option というファイルができるので、適当なエディタでこれを開き、

TL=/usr/local/texlive/2008
SRC=/Users/YourName/src
CFLAGS="-O2 -funsigned-char"
CONF_OPT="--without-xdvik"

と書き換え、あるいは追加する。“YourName”の部分は自分のユーザ名に。

  • (CFLAGS は検討の余地あり。また、xdvik のビルド中にエラーを吐いて止まったので xdvik をビルドしない指定にしているが、環境依存の現象かもしれず、これも要検討)

なお、Mac OS X 10.4 および 10.5 では、なぜか zcat コマンドが認識するファイル拡張子が .Z だけなので、bld1.sh 中の xdvik へパッチを当てる部分を

zcat $SRC/xdvik-tl08.patch.gz | patch -p1 &>/dev/null

から

gzcat $SRC/xdvik-tl08.patch.gz | patch -p1 &>/dev/null

もしくは

gunzip -c $SRC/xdvik-tl08.patch.gz | patch -p1 &>/dev/null

に修正する必要がある(ここでは --without-xdvik としているので、修正しなくても結果には影響しない)。

パッチ当て〜インストール

(カレントディレクトリは ~/src のまま)

./bld1.sh
...
make world done.
real	11m48.312s
user	9m34.788s
sys	1m41.548s
./Build:      309 binaries in /var/tmp/texlive-20080816-source/inst/bin.

(ここでパッチ当てとビルドまで完了。所要時間が表示される。)

./bld2.sh

(自動的に環境の設定が行われる)

sudo ./bld3.sh
...
*** Font setting ***

A. Fonts for utf/otf packages
    1: Morisawa OTF         2: Hiragino OTF
    3: IPA fonts            4: Kozuka   OTF
    5: Do not embed fonts
  This choice also affects xdvi fonts.
  Choose 1--5 >> 
...

(インストール)

上記のようにフォントの設定を聞かれるので、好きなものを選ぶ。Mac なら 2: Hiragino OTF が無難か。

設定

Intel Mac の場合、上記のようにすると pTeX関連のバイナリは /usr/local/texlive/2008/bin/i386-apple-darwin9.6.0/ にインストールされる。したがって、/usr/local/texlive/2008/bin/i386-apple-darwin9.6.0/ にも PATH を通す必要がある。

  • PPC Mac の場合にどうなるか、また、pTeX 関連ファイルも universal-darwin ディレクトリに置くべきかなどは未検討

また、日本語を通す bibtex コマンドが jbibtex ではなく pbibtex になっているなどの変更点があるので注意。

追加のマクロ(pTeX 用のもの)などは /usr/local/texlive/texmf-local/ptex/platex ディレクトリを作って、そこに置いておけばよい。