QuickLook

提供: MacWiki
2010年4月21日 (水) 20:41時点における192.51.44.14 (トーク)による版

移動: 案内検索

Quick Lookとは,ファイルの内容を見られる仕組み

  • Finder上でファイルを選択し,スペースキーを押す(もしくはCommand+Y).
  • アプリケーションで開く必要がない.

標準対応ファイル形式

MacOSX 10.5以降

  • text, rtf
  • html
  • pdf
  • svg
  • jpg, png, tiff
  • QuickTimeムービー,サウンド
  • doc, xls, ppt

MacOSX 10.6

  • dae (COLLADA 3Dオブジェクト)

プラグイン

各種プラグインを利用して標準以外のファイルに対応.

  • プラグインは専用ディレクトリ内に入れる.( /Library/QuickLook/もしくは~/Library/QuickLook)

各種プラグイン

  • Folder.qlgenerator

http://homepage.mac.com/xdd/software/folder/

  • EPSQuickLookPlugIn (EPSQLPlugIn)

http://www.eternalstorms.at/utilities/epsqlplg/index.html

  • QLColorCode

http://code.google.com/p/qlcolorcode/ プレインテキストをQuick Look.各種ソースコードは色分け表示.文書表示幅に応じた行折り返しはしてくれない.日本語パッチ情報は,

Cover Flow でのプレビューアイコン

FinderCover Flowでファイルアイコンとしてみえるイメージ.(参考:スライドショー

  • 高精細のプレビューアイコン
  • 各種の画像ファイル(.jpg など)
  • pdfファイル自身のイメージ.ファイルアイコン上にページ送りボタン付き.
  • QuickTimeファイル(.mov).ファイルアイコン上に再生ボタン付き.

ビューアーの追加インストール

  • mhtファイル(の第一ページイメージ).quicklook for mht の機能.
  • プレインテキスト.QLColorCodeの機能.
  • epsファイル.EPSQuickLookPlugInの機能.