「Plot.app」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(特徴)
行13: 行13:
 
* コマンドラインから直接起動&asciiデータ読み込み&プロットさせることもできる.
 
* コマンドラインから直接起動&asciiデータ読み込み&プロットさせることもできる.
 
  % /Applications/Plot.app/Contents/MacOS/Plot -i my_ascii.data
 
  % /Applications/Plot.app/Contents/MacOS/Plot -i my_ascii.data
 +
 +
== マクロ ==
 +
 +
[[Perl]]を使ったデータフィルタを書くことができる。
 +
 +
いくつかの変数名が予約されている。例えば、
 +
 +
$data[<1>][<2>][<3>]
 +
 +
という3次元配列を介して、数値データにアクセスすることができる。添字は順に、<1> バッファ番号、<2> データ番号、<3> データ系列(X, Y...)を表している。Data Inspector の Source 欄、Comment 欄のコメントは、以下の1次元配列でアクセス可能。
 +
 +
$source[<1>], $comment[<1>]
 +
  
 
== Wiki内の関連ページ ==
 
== Wiki内の関連ページ ==

2008年3月17日 (月) 06:40時点における版

Plot.app とは?

シンプルな2次元プロットソフト。フリーウェア。

特徴

  • グラフをさまざまな形式(EPS/PDF/JPG/PNG/ASCII)に書き出すことができる。
  • ASCIIファイル、バイナリファイルのデータを読み込むことができる。後者はエンディアン変換に対応。
  • custom import filter 機能で unix コマンドの標準出力を受け取ることができる。
  • 簡単なマウス操作で、表示を拡大・縮小したり、表示位置を移動させたりすることができる。
  • コマンドラインから直接起動&asciiデータ読み込み&プロットさせることもできる.
% /Applications/Plot.app/Contents/MacOS/Plot -i my_ascii.data

マクロ

Perlを使ったデータフィルタを書くことができる。

いくつかの変数名が予約されている。例えば、

$data[<1>][<2>][<3>]

という3次元配列を介して、数値データにアクセスすることができる。添字は順に、<1> バッファ番号、<2> データ番号、<3> データ系列(X, Y...)を表している。Data Inspector の Source 欄、Comment 欄のコメントは、以下の1次元配列でアクセス可能。

$source[<1>], $comment[<1>]


Wiki内の関連ページ