OpenOffice

提供: MacWiki
2007年8月29日 (水) 09:32時点における (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

OpenOffice.org日本語入力対応版

概要

オープンソースのワープロ,表計算,プレゼンテーション,作図がまとまったオフィススイートで、略して OOo と呼びます。詳しくは Wikipedia:OpenOffice.org などを参照して下さい。MicrosoftTM Officeなど他の人気のオフィス・ソフトの書類の読み込み,編集に対応しています。現段階では動作にX11が必要です。

参考:OpenOffice.org 2.0の日本語環境を整備する

インストール

OOoのサイトからバイナリをダウンロードして、簡単にインストールすることができます。 EasyPackageなどからインストールすることも出来ます.

NeoOffice/J

概要

上記OpenOffice.orgに基づいたもので,数多くのMac OS Xネイティブの機能を提供し,MicrosoftTM Officeなど他の人気のオフィス・ソフトの書類の読み込み,編集,変換ができます.NeoOfficeはX11が不要であり,フォントもMacOSXのものを使えるなど,オリジナルのOOoより優れた点があります.ただ,OOoに手を加えたものなので,常にオリジナルより少し古いバージョンとなってしまいます.

最新安定版は2.2.1でOpenOffice.org 2.2.1のコードに基づいています。

参考:OS Xに最適なオフィススイート「NeoOffice

インストール

本体と修正patchと日本語マニュアルをダウンロードし、それぞれの .dmgをマウントし,インストーラを起動するpkg形式。

Wiki内の関連ページ