「Keynote」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
 
(5人の利用者による、間の19版が非表示)
行1: 行1:
 
== Keynote とは? ==
 
== Keynote とは? ==
  
Apple 純正のプレゼンテーションソフト。詳しくは [[Wikipedia:Keynote]] などを参照してください。
+
Apple 純正のプレゼンテーションソフト。iOS 版もある。
 +
詳しくは [[Wikipedia:Keynote]] などを参照してください。
  
 
製品紹介ページ:
 
製品紹介ページ:
*http://www.apple.com/jp/iwork/keynote/
+
*http://www.apple.com/jp/mac/keynote/
  
Amazon.co.jp(レビューなども参考に)
 
*[[ASIN:B000E5MIKG]]
 
  
== バージョン履歴 ==
+
Keynote 6.5(Yosemite 専用)はファイルフォーマットが変更されている。
 +
「ファイル > 詳細 > ファイルタイプを変更」でファイル形式をパッケージ形式に変更すると、
 +
Keynote 6.2(Mavericks)でファイルを開くことができる。
  
最新バージョンは 4.0。「ソフトウェアアップデート」からアップデートできる。
+
*http://support.apple.com/ja-jp/HT6073
旧バージョンについても、同じくソフトウェアアップデートでマイナーアップデート可能。
+
  
*2007-08 Keynote 4.0 (iWork '08)
+
== Tips ==
**新しいトランジションやテキスト効果
+
*2006-01 Keynote 3.0 (iWork '06)
+
**[[UniversalBinary]]
+
**テーブルビュー(スライド一覧表示)に対応
+
**イメージ調整ツールを追加
+
*2005-01 Keynote 2.0 (iWork '05)
+
**iLife との連携
+
**発表者ツール
+
*2003-01 Keynote 1.0
+
  
 +
* WebEx で使う場合「環境設定 > スライドショー > プレゼンテーション時 > Exposé や Dashboard などによる画面の使用を許可」をチェックしておく。
  
 +
PDF への書き出し
 +
*「プリント... > PDFとして保存…」
 +
** こちらの方が簡単。
 +
*「ファイル > 書き出す... > PDF」
 +
** こちらで書き出した方がファイルサイズが小さくなる。
 +
** URL リンクも保持される。
 +
** 書き出す時の日付の書式は「システム環境設定 > 言語とテキスト > 書式」で設定できる。
 +
** スライドの枠が表示されなくなる。
 +
 +
A0 ポスター作成
 +
 +
* A0 サイズのポスターを作成する場合は、書類インスペクタの「書類 > スライドのサイズ」を横2384、縦3370ピクセルに指定すれば良い。
 +
* http://garageit.blog.so-net.ne.jp/2009-03-03
  
 
== ツール ==
 
== ツール ==
行31: 行36:
 
*[[LinkBack]]
 
*[[LinkBack]]
  
プラグインをインストールすれば利用できます。
+
プラグインをインストールすれば利用できます。(Keynote 5 は未対応)
 +
**http://www.ucalgary.ca/~kchuang/Keynote_4_LinkBack_Plugin.zip
 +
** (http://commons.ucalgary.ca/~king/projects/keynoteplugins/linkback/ リンク切れ)
 +
**http://www.nabble.com/iWork-09-support-td21355648.html
  
**http://commons.ucalgary.ca/~king/projects/keynoteplugins/linkback/
 
  
 
*Keynote Converter
 
*Keynote Converter
 
+
**Microsoft Word文書をKeynoteへ
Microsoft Word文書をKeynoteへ
+
 
+
 
**http://msyk.net/macos/keyconv/
 
**http://msyk.net/macos/keyconv/
  
行44: 行49:
  
 
**http://www.cs.hmc.edu/~oneill/freesoftware/pdftokeynote.html
 
**http://www.cs.hmc.edu/~oneill/freesoftware/pdftokeynote.html
 
*XL2K
 
 
Microsoft Excelの表をKeynoteへ
 
 
**http://homepage.mac.com/imaxinc/xl2k/index.html
 
  
  
行56: 行55:
 
=== 日本語のサイト ===
 
=== 日本語のサイト ===
  
*Keynote使い倒し講座
+
* [https://discussionsjapan.apple.com/community/iwork/keynote?view=discussions Apple サポートコミュニティ]
**http://homepage.mac.com/m_wada/main_1/keynote.html
+
*[http://www.kamishima.net/jp/keynote/ Keynote用テーマ @ kamishima.net]
 
+
*Keynote Fan Club
+
**http://homepage.mac.com/m_wada/iblog/B459371987/C617371823/index.html
+
 
+
*Keynote 3 レビュー
+
**http://mac.ascii24.com/mac/review/software/2006/04/19/661790-000.html
+
**http://www.kenkyuu.net/comp-keynote-31.html
+
 
+
*Keynote 2 レビュー
+
**http://d.1555.info/archives/2005/01/keynote2.html
+
**http://www.unio.net/keynote/kn2fi.html
+
 
+
*Keynote用テーマ @ kamishima.net
+
**http://www.kamishima.net/jp/keynote/
+
 
+
*2ちゃんねる iWork '08 スレ
+
**http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/mac/1186517312/l50
+
 
+
  
 
=== 英語のサイト ===
 
=== 英語のサイト ===
行81: 行62:
 
*[[KeynoteUser]].com
 
*[[KeynoteUser]].com
 
**http://www.keynoteuser.com/
 
**http://www.keynoteuser.com/
 
*KeynoteHQ.com
 
**http://www.keynotehq.com/
 
  
 
*Keynote Theme Park
 
*Keynote Theme Park
 
**http://www.keynotethemepark.com/index.html
 
**http://www.keynotethemepark.com/index.html
  
 
+
*Keynote Theme and Template
== 関連書籍 ==
+
**http://imaginelayout.com/keynote-templates/
 
+
*高橋 良 (著)『Keynote 2 プレゼンテ−ション入門 - ビギナ−から[[PowerPoint]]ユ−ザ−まで』(秀潤社, 2005/10/01, 3360円)
+
**http://www.shujunsha.co.jp/book/4-87962-/291-5.html
+
**[[ISBN:4879622915]]
+
**http://www.apple.com/jp/articles/medical/takahashi/
+
**http://www.apple.com/jp/medical/takahashi/keynote3/
+
 
+
  
 
== Wiki内の関連ページ ==
 
== Wiki内の関連ページ ==
行105: 行76:
 
[[Category:ソフトウェア]]
 
[[Category:ソフトウェア]]
 
[[Category:ビジネス]]
 
[[Category:ビジネス]]
 +
[[Category:プレゼンテーション]]

2016年6月26日 (日) 22:02時点における最新版

Keynote とは?[編集]

Apple 純正のプレゼンテーションソフト。iOS 版もある。 詳しくは Wikipedia:Keynote などを参照してください。

製品紹介ページ:


Keynote 6.5(Yosemite 専用)はファイルフォーマットが変更されている。 「ファイル > 詳細 > ファイルタイプを変更」でファイル形式をパッケージ形式に変更すると、 Keynote 6.2(Mavericks)でファイルを開くことができる。

Tips[編集]

  • WebEx で使う場合「環境設定 > スライドショー > プレゼンテーション時 > Exposé や Dashboard などによる画面の使用を許可」をチェックしておく。

PDF への書き出し

  • 「プリント... > PDFとして保存…」
    • こちらの方が簡単。
  • 「ファイル > 書き出す... > PDF」
    • こちらで書き出した方がファイルサイズが小さくなる。
    • URL リンクも保持される。
    • 書き出す時の日付の書式は「システム環境設定 > 言語とテキスト > 書式」で設定できる。
    • スライドの枠が表示されなくなる。

A0 ポスター作成

  • A0 サイズのポスターを作成する場合は、書類インスペクタの「書類 > スライドのサイズ」を横2384、縦3370ピクセルに指定すれば良い。
  • http://garageit.blog.so-net.ne.jp/2009-03-03

ツール[編集]

プラグインをインストールすれば利用できます。(Keynote 5 は未対応)


  • PDF to Keynote


参考になるサイト[編集]

日本語のサイト[編集]

英語のサイト[編集]

Wiki内の関連ページ[編集]