「Imaxima」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
行1: 行1:
 
== Imaxima とは? ==
 
== Imaxima とは? ==
  
[[Maxima]] の出力結果を美しく表示するための Emacs Lisp。インライン画像表示対応版 emacs の他、TeX と [[Ghostscript]] が必要です。
+
[http://members3.jcom.home.ne.jp/imaxima/ Imaxima] は [[Maxima]] の出力結果を美しく表示するための Emacs Lisp です。
 
+
利用には、インライン画像表示に対応した Emacs のほか、TeX と [[Ghostscript]] が必要です。
*http://members3.jcom.home.ne.jp/imaxima/
+
  
 
== インストール方法 ==
 
== インストール方法 ==
  
[[CarbonEmacsPackage]] には imaxima.el が同梱されているので、インストール (2/3) (3/3) の手順は不要になります。
+
[[Carbon Emacs パッケージ]] には imaxima.el が同梱されているので、TeX + breqn と Ghostscript の導入だけで済みます。
 +
 
 
また、[[MacOSX_WorkShop]] では [[Maxima]] なども含めた全ファイルを一括してインストール出来るようです。
 
また、[[MacOSX_WorkShop]] では [[Maxima]] なども含めた全ファイルを一括してインストール出来るようです。
  
=== インストール(1/3)...breqn  ===
+
===TeX + breqn (mh) のインストール===
  
breqn.tgz(breqn094.tgz)を展開して、適当なディレクトリに置き、mktexlsr を実行。[[MacPorts]] の場合は、
+
Mac OS X に TeX 環境を導入し、加えて breqn パッケージをインストールします。
 +
 
 +
breqn は現在 [http://tug.ctan.org/tex-archive/macros/latex/contrib/mh/ mh パッケージ]に含まれており、Morten Hoegholm によってメンテナンスされていますので、そちらのバージョンを利用したほうがよいでしょう。
 +
 
 +
[[MacPorts]] をお使いの場合には、
 +
 
 +
$ sudo port -d selfupdate
 +
 +
$ sudo port install pTeX +utf8
 +
$ sudo port install tex-mh
 +
 
 +
などとします。(tex-mh のインストール前に、/opt/local/share/texmf-local/tex/latex/breqn 配下に古い breqn パッケージをインストールしていた場合には、アンインストールしておくのを忘れないように。)
 +
 
 +
TeX を独自にインストールしているような場合には、
  
 
<pre>
 
<pre>
$ cd
+
$ mkdir ~/Sources
$ curl -O --disable-epsv ftp://ftp.ams.org/pub/tex/breqn094.tgz
+
$ cd ~/Sources
$ tar xvfz breqn094.tgz
+
$ curl -O http://www.ctan.org/get/macros/latex/contrib/mh.zip
$ sudo install -m 0755 -d /opt/local/share/texmf-local/tex/latex/breqn
+
$ unzip mh.zip
$ sudo install -m 0644 breqn094/* /opt/local/share/texmf-local/tex/latex/breqn
+
$ cd mh
 +
$ find . -name "*.dtx" | xargs -L1 tex
 +
 
 +
$ sudo install -m 0755 -d /usr/local/share/texmf-local/tex/latex/mh
 +
$ sudo install -m 0755 -d /usr/local/share/texmf-local/doc/latex/mh
 +
$ sudo install -m 0755 -d /usr/local/share/texmf-local/source/latex/mh
 +
$ sudo install -m 0644 *.sty *.sym /usr/local/share/texmf-local/tex/latex/mh
 +
$ sudo install -m 0644 *.pdf breqn-technotes.tex eqlayouts.tex README /usr/local/share/texmf-local/doc/latex/mh
 +
$ sudo install -m 0644 *.dtx /usr/local/share/texmf-local/source/latex/mh
  
 
$ sudo mktexlsr
 
$ sudo mktexlsr
 
</pre>
 
</pre>
  
*breqn.sty は、ライセンス関連のドキュメントが整備される前に作者の Michael J Downes さんが他界なさったという事情があり、TeX関連のパッケージに収録されていないことが多いです。
+
といった手順になるかと思われます。
**参考 : http://www.math.utexas.edu/pipermail/maxima/2003/004925.html
+
  
 
kpsewhich を実行して、TeX に認識されているかどうかを確認した方がよいでしょう。
 
kpsewhich を実行して、TeX に認識されているかどうかを確認した方がよいでしょう。
行31: 行51:
 
<pre>
 
<pre>
 
$ kpsewhich breqn.sty
 
$ kpsewhich breqn.sty
/opt/local/share/texmf-local/tex/latex/breqn/breqn.sty
+
/opt/local/share/texmf-local/tex/latex/mh/breqn.sty
 
</pre>
 
</pre>
  
=== インストール(2/3)...imaxima ===
+
===Ghostscript のインストール===
  
imaxima-imath-0.97.tar.gz を適当なディレクトリに展開。
+
Imaxima で数式を画像表示できるようにするため、[[Ghostscript]] を導入してください。
  
<pre>
+
[[MacPorts]] をお使いの場合には、
$ cd
+
$ curl -O http://members3.jcom.home.ne.jp/imaxima/Site/Download%20and%20Install_files/imaxima-imath-0.97.tar.gz
+
$ tar xvfz imaxima-imath-0.97.tar.gz
+
$ cd imaxima-imath-0.97/
+
</pre>
+
  
[[CarbonEmacs]] を Applications フォルダにインストールした場合。
+
$ sudo port install ghostscript
  
 +
などとします。
 +
 +
===Imaxima のインストール===
 +
 +
[[Carbon Emacs パッケージ]] をお使いの場合には、既にインストール済みなので、この項は読み飛ばしてください。
 +
 +
[http://members3.jcom.home.ne.jp/imaxima/Site/Welcome.html Imaxima のサイト]から imaxima-imath-0.99.tar.gz を取得し、適当なディレクトリに展開します。
 +
 +
$ cd ~/Sources
 +
$ curl -O <nowiki>http://members3.jcom.home.ne.jp/imaxima/Site/Download_and_Install_files/imaxima-imath-0.99.tar.gz</nowiki>
 +
$ tar xvfz imaxima-imath-0.99.tar.gz
 +
$ cd imaxima-imath-0.99
 +
 +
$ ./configure
 +
$ make
 +
$ sudo make install
 +
 +
Carbon Emacs を Applications フォルダにインストールした場合:
 
  $ env EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs \
 
  $ env EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs \
 
   ./configure --with-lispdir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima \
 
   ./configure --with-lispdir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima \
行53: 行86:
 
  $ make install
 
  $ make install
  
インストールされるファイルの一覧。
+
===~/.emacs の設定===
 
+
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/info/imaxima.info
+
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima/imaxima.el
+
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima/imaxima.elc
+
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima/imath.el
+
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima/imath.elc
+
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima/imaxima.lisp
+
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima/imaxima-autoconf-variables.el
+
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima/imaxima-autoconf-variables.elc
+
  
=== インストール(3/3)...~/.emacs.el ===
+
[[Carbon Emacs パッケージ]] をお使いの場合には、既に設定済みなので、この項は読み飛ばしてください。
  
 
ホームディレクトリの .emacs ファイルに以下のような行を追加。
 
ホームディレクトリの .emacs ファイルに以下のような行を追加。
行73: 行97:
 
=== 起動方法 ===
 
=== 起動方法 ===
  
M-x imaxima で起動します。下の図は [[CarbonEmacsPackage]] 2005/2/16 版で cmucl + Maxima を使っているところです。なお、テキストベースに変更するには、変数 display2d に maxima を代入します。デフォルトは display2d:imaxima です。
+
M-x imaxima で起動します。下の図は [[Carbon Emacs パッケージ]] 2005/2/16 版で cmucl + Maxima を使っているところです。
 +
なお、テキストベースに変更するには、変数 display2d に maxima を代入します。デフォルトは display2d:imaxima です。
  
 
http://macwiki.sourceforge.jp/images/imaxima.png
 
http://macwiki.sourceforge.jp/images/imaxima.png
行146: 行171:
 
== トラブルシューティング ==
 
== トラブルシューティング ==
  
=== gs 8.15 + FreeType2 ===
+
===FreeType2 を有効にした gs 8.15 を使っている場合、正しく機能しない===
  
 
FreeType2 を有効にした gs 8.15 を使っている場合、正しく機能しないかもしれません。
 
FreeType2 を有効にした gs 8.15 を使っている場合、正しく機能しないかもしれません。
その場合は、とりあえず imaxima.el の 476 行目を次のように変更すれば問題を回避できます。
+
その場合は、とりあえず imaxima.el の 478 行目を次のように変更すれば問題を回避できます。
  
 
<pre>
 
<pre>

2008年6月29日 (日) 02:49時点における版

Imaxima とは?

ImaximaMaxima の出力結果を美しく表示するための Emacs Lisp です。 利用には、インライン画像表示に対応した Emacs のほか、TeX と Ghostscript が必要です。

インストール方法

Carbon Emacs パッケージ には imaxima.el が同梱されているので、TeX + breqn と Ghostscript の導入だけで済みます。

また、MacOSX_WorkShop では Maxima なども含めた全ファイルを一括してインストール出来るようです。

TeX + breqn (mh) のインストール

Mac OS X に TeX 環境を導入し、加えて breqn パッケージをインストールします。

breqn は現在 mh パッケージに含まれており、Morten Hoegholm によってメンテナンスされていますので、そちらのバージョンを利用したほうがよいでしょう。

MacPorts をお使いの場合には、

$ sudo port -d selfupdate

$ sudo port install pTeX +utf8
$ sudo port install tex-mh

などとします。(tex-mh のインストール前に、/opt/local/share/texmf-local/tex/latex/breqn 配下に古い breqn パッケージをインストールしていた場合には、アンインストールしておくのを忘れないように。)

TeX を独自にインストールしているような場合には、

$ mkdir ~/Sources
$ cd ~/Sources
$ curl -O http://www.ctan.org/get/macros/latex/contrib/mh.zip
$ unzip mh.zip
$ cd mh
$ find . -name "*.dtx" | xargs -L1 tex

$ sudo install -m 0755 -d /usr/local/share/texmf-local/tex/latex/mh
$ sudo install -m 0755 -d /usr/local/share/texmf-local/doc/latex/mh
$ sudo install -m 0755 -d /usr/local/share/texmf-local/source/latex/mh
$ sudo install -m 0644 *.sty *.sym /usr/local/share/texmf-local/tex/latex/mh
$ sudo install -m 0644 *.pdf breqn-technotes.tex eqlayouts.tex README /usr/local/share/texmf-local/doc/latex/mh
$ sudo install -m 0644 *.dtx /usr/local/share/texmf-local/source/latex/mh

$ sudo mktexlsr

といった手順になるかと思われます。

kpsewhich を実行して、TeX に認識されているかどうかを確認した方がよいでしょう。

$ kpsewhich breqn.sty
/opt/local/share/texmf-local/tex/latex/mh/breqn.sty

Ghostscript のインストール

Imaxima で数式を画像表示できるようにするため、Ghostscript を導入してください。

MacPorts をお使いの場合には、

$ sudo port install ghostscript

などとします。

Imaxima のインストール

Carbon Emacs パッケージ をお使いの場合には、既にインストール済みなので、この項は読み飛ばしてください。

Imaxima のサイトから imaxima-imath-0.99.tar.gz を取得し、適当なディレクトリに展開します。

$ cd ~/Sources
$ curl -O http://members3.jcom.home.ne.jp/imaxima/Site/Download_and_Install_files/imaxima-imath-0.99.tar.gz
$ tar xvfz imaxima-imath-0.99.tar.gz
$ cd imaxima-imath-0.99

$ ./configure
$ make
$ sudo make install

Carbon Emacs を Applications フォルダにインストールした場合:
$ env EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs \
  ./configure --with-lispdir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/imaxima \
  --infodir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/info
$ make
$ make install

~/.emacs の設定

Carbon Emacs パッケージ をお使いの場合には、既に設定済みなので、この項は読み飛ばしてください。

ホームディレクトリの .emacs ファイルに以下のような行を追加。

(setq exec-path (cons "/opt/local/bin" exec-path))
(autoload 'imaxima "imaxima" "Image support for Maxima." t)

起動方法

M-x imaxima で起動します。下の図は Carbon Emacs パッケージ 2005/2/16 版で cmucl + Maxima を使っているところです。 なお、テキストベースに変更するには、変数 display2d に maxima を代入します。デフォルトは display2d:imaxima です。

imaxima.png

各種設定

普通は必要ありませんが、マニュアルに書いてある設定のうち、主なものをまとめておきます。

imaxima-fnt-size

LaTeX の命令に準拠した名前(tiny から Huge まで)で、フォントの大きさを設定します。

(setq imaxima-fnt-size "large")

imaxima-latex-preamble

Imaxima が出力画像を生成する際に利用する LaTeX 文書のプリアンブルを設定します。

(setq imaxima-latex-preamble "\\usepackage{concrete}")

ただし、数学記号(インテグラルとか)は変更されないようです。pxfonts や txfonts の場合は、brenq.sty の最初の方に

\RequirePackage{pxfonts}\relax

などと書き込んでしまえば一応機能するようです。

imaxima-image-type

画像形式(png、tiff、jpeg)を指定します。ただし、jpeg だとあまり美しくないようです。

(setq imaxima-image-type 'tiff)

imaxima-maxima-options

maxima に渡すオプション引数を指定します。例えば、複数の lisp を共存させている場合に、利用する lisp を指定することが出来ます。

(setq imaxima-maxima-options "--lisp=clisp")

複数のcommon lisp 処理利用して切り替えを行いたい時は~/.emacsの(require 'imaxima)の後に

(setq imaxima-lisp-file imaxima-maxima-options)
(defmacro defmaxima-exec (name lisp-options)
  `(defun ,name ()
     (interactive)
  (setq imaxima-maxima-options
	(concatenate 'string imaxima-lisp-file " " ,lisp-options))
  (let ((maxima-buf (get-buffer "*imaxima*")))
    (if (bufferp maxima-buf)
	(let ((maxima-proc (get-process "imaxima")))
	  (if maxima-proc
	    (message "imaxima is working now")  
	    (progn
	      (kill-buffer maxima-buf)
	      (imaxima))))
         (imaxima)))))
(defmaxima-exec imaxima-sbcl "-l sbcl")
(defmaxima-exec imaxima-cmucl "-l cmucl")

と付け加えてください。(defmaxima-exec 関数名 オプション(文字列) )となっています。clispも同様に記述できます。これでimaxima-sbclでsbclを使ったimaxima , imaxima-cmuclでcmuclをつかったimaximaが起動します。他のimaximaが起動している時は動かないようになっています。また、処理系に関係ないデフォルトのオプションは imaxima-lisp-fileに記述すればいいです。(ここではデフォルトのimaxima-maxima-optionsに割り当てています。(imaxima.lispを最初に読み込むようにオプションが設定されているようです。)

各種色の設定

(setq imaxima-bg-color "PaleGreen4")
(setq imaxima-fg-color "LightGoldenrod1")
(setq imaxima-equation-color "DarkOrange1")
(setq imaxima-label-color "DarkOrange1")

数式イメージの拡大率

(setq imaxima-scale-factor 1.2)

トラブルシューティング

FreeType2 を有効にした gs 8.15 を使っている場合、正しく機能しない

FreeType2 を有効にした gs 8.15 を使っている場合、正しく機能しないかもしれません。 その場合は、とりあえず imaxima.el の 478 行目を次のように変更すれば問題を回避できます。

修正前:(string-match "\\(GNU\\|ESP\\) Ghostscript 7.05"
修正後:(string-match "GPL Ghostscript 8.15"

注意 7.05 や素の 8.15 などを使っている場合は変更しないで下さい。

その他