CocoaEmacs

提供: MacWiki
2009年1月21日 (水) 15:34時点における (トーク | 投稿記録)による版

移動: 案内検索

Cocoa Emacs とは?

Mac OS X のウィンドウ環境で動作する 開発バージョンの GNU Emacs(バージョン 23)の総称です。 Adrian Robert さんらが開発を進めてきた Emacs の GNUStep 用のコード(Emacs.app)が 本家 GNU Emacs に取り込まれたもので、 フロントエンドに Cocoa API を用いているため Cocoa Emacs あるいは Cocoa port と呼ばれています。 Emacs バージョン 22 の Mac OS X 版のコード (Carbon Emacs あるいは Carbon port )は 既に Cocoa Emacs に置き換えられており、 Carbon 版相当の完成度を目指して開発が進められています。


入手方法

開発中の Emacs ソースコードを入手して、自分で (Cocoa) Emacs をコンパイルする必要があります。

最初に Emacs の CVS リポジトリから ソースコードを取得します。

$ export CVS_RSH="ssh"
$ cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.savannah.gnu.org:/sources/emacs co emacs
$ cd emacs

Emacs を configure &コンパイルします。 configure のオプションに --with-ns オプションを付けると Cocoa Emacs をビルドすることができます。

$ ./configure --with-ns
$ make [-j2]
$ make install

Dual core マシンの場合は、make 部分で -j2 オプションを使うと コンパイル時間を短縮できます。 (一方、エラー終了する場合もあるので、-j2 なしの方が確実にビルドできます)

コンパイルが終了すると、nextstep ディレクトリに アプリケーション版の Emacs が出来ているので、 これを適当な場所にコピーして使います。


Emacs.app

GNUStep 環境(OS X では Cocoa 環境)向けに開発されていた オリジナルのバージョンです。


関連リンク

Wiki内の関連ページ