「利用者:ぜ」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(UNIX 系ソフト)
行23: 行23:
 
*[[CarbonEmacsPackage]] をダウンロード
 
*[[CarbonEmacsPackage]] をダウンロード
 
*小川版 pTeX, gs パッケージを取ってくる
 
*小川版 pTeX, gs パッケージを取ってくる
*aastex.cls(小川版では収録済), breqn.sty, emulateapj.cls
+
*[http://tug.ctan.org/tex-archive/macros/latex/contrib/aastex/ aastex.cls](小川版では収録済), [http://tug.ctan.org/tex-archive/macros/latex/contrib/mh/ breqn.sty], [http://hea-www.harvard.edu/~alexey/emulateapj/ emulateapj.cls]
 
*[[IDL]]
 
*[[IDL]]
 
*中期的に小川版 TeX → Fink or MacPorts に移行する。
 
*中期的に小川版 TeX → Fink or MacPorts に移行する。

2008年2月14日 (木) 14:43時点における版

(個人ページ)にたにです。MacWiki の発起人。

環境再構築メモ

最初にすること

  • OSX インストール DVD から、X11.app をインストール
  • XCode を Apple のサイトからダウンロード。サイズがかなり大きい(900MB)ので注意。

アプリケーション

  • 「移行アシスタント」で引き継がれることが多い。

UNIX 系ソフト

Fink MacPorts
バイナリ バイナリ&ソース配布 ref ソース配布
カスタマイズ しない variants
自作ツリー 調査中 作り方
portのバージョン 新しい やや古い
ptex バイナリあり bash, perl5.8を要求
ghostscript 調査中 調査中
MPI系ライブラリ mpich以外はあり あり
GUIツール FinkCommander なし
その他 g95まわりのメンテナーが信頼できる

MacPorts

sudo /opt/local/bin/port -v selfupdate
sudo /opt/local/bin/port install something

インストールするもの一覧

gnuplot subversion maxima g95 clamav netcdf gsl mpich
  • 自分用パッチ
  • 念のため、/usr/bin より後ろに PATH を入れる。
    • PATH の順序をそう設定すると、システムの古いソフトウェアを誤って使ってしまいそうで若干不安ですね。

セキュリティの確認

  • システム環境設定
    • 「共有 > ファイアーウォール」を開始
      • IDL ライセンスマネージャ用にTCP1700番を空けておく
    • 「セキュリティ > FileVault」は絶対使ってはならない
    • 「セキュリティ」でスリープ/スクリーンセーバーからの復帰にパスワードを設定
  • Mail.app
    • 「環境設定... > 表示」で、HTML メッセージのリモートイメージを表示しない
    • 「環境設定... > フォントとカラー」で等幅フォントを利用
  • Safari
    • 「環境設定...」でホームページ/タブブラウズを設定
    • 「Safari > ポップアップウィンドウは開かない」にチェック

memo

  • rsync は日本語が通るのか?
    • 少なくとも OS X 同士では問題ありません(ファイル名は符号としてしか見ていないです)。10.4 の場合は -E もつけた方がいいと思います。- saiki
  • svn:プロパティ設定方法
    • svn propset svn:keywords Id (file)
\newcommand{\Alfven}{Alfv\'{e}n }
\newcommand{\Ampere}{Amp\`{e}re }

別ページ