「リスト/ページレイアウトツール」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(EDICOLOR(エディカラー))
 
(2人の利用者による、間の3版が非表示)
行29: 行29:
 
国産のDTPソフトです。
 
国産のDTPソフトです。
  
*http://ps.canon-sol.jp/ec/index.html
+
*http://ps.canon-its.jp/ec/
 
+
  
 
== シングルソースからのバッチ出力 ==
 
== シングルソースからのバッチ出力 ==
 
=== Adobe [[FrameMaker]] (参考) ===
 
 
シングルソースのオーサリングで、コンテンツをAdobe PDF、HTML、SGML、XMLなど多彩なフォーマットに書き出すことができます。
 
大規模なドキュメントを出版するのに向いています。
 
Mac OS X 版は現在発売されていません。
 
 
*http://www.adobe.com/jp/products/framemaker/indepth.html
 
  
 
=== [[DocBook]] ===
 
=== [[DocBook]] ===
行78: 行69:
  
 
*http://hp1.jonex.ne.jp/~nakajima.yasushi/
 
*http://hp1.jonex.ne.jp/~nakajima.yasushi/
 +
 +
== SILE ==
 +
 +
SILE は Lua で書かれた組版システムです。英語のみならず、日本語をはじめとした様々な言語をサポートします。
 +
 +
2015年6月26日からは「brew install sile」でSILEを使う為の環境をHome Brew で、全てインストール出来ます。
 +
 +
*http://www.sile-typesetter.org
 +
 +
 +
SILE version 0.9.2 付属の The SILE Book の日本語の翻訳がほぼ完了しています。
 +
但し「70ページある PDF ファイルですので GitHub 上で PDF プレビュー機能を使ってブラウザ上で開くとまず固まります。
 +
sile_ja.pdf はブラウザ上で開かないでください。」と翻訳者のコメント有り。
 +
 +
*https://github.com/shirat74/SILE-doc_ja
  
 
== Wiki内の関連ページ ==
 
== Wiki内の関連ページ ==

2015年7月27日 (月) 21:24時点における最新版

DTP[編集]

Adobe PageMaker 7[編集]

動作環境は、Mac OS バージョン 9.1、9.2.1、9.2.2、または Mac OS X(Classic モードのみ)。

Adobe InDesign CS2[編集]

QuarkXPress6[編集]

Scribus[編集]

オープンソースの DTP ツール。 MacPorts や Fink で導入できます。

注意: X11 版を使用する場合は、おそらく quartz-wm (quarts window manager) の不具合と思われるのですが、プルダウンメニューがウィンドウの背後に隠れてしまう問題が生じます。これは、ウィンドウマネージャを twm (tom's window manager), mwm (motif window manager), kwm (KDE window manager) に差し替えて使うと問題ありません。

EDICOLOR(エディカラー)[編集]

国産のDTPソフトです。

シングルソースからのバッチ出力[編集]

DocBook[編集]

オープンソースのドキュメント作成ツールで、 XML で記述したシングルソースのコンテンツから PDF/PostScript/man/HTML フォーマットを出力します。 大規模なドキュメントを出版するのに向いています。

SmartDoc[編集]

Java で書かれたオープンソースのドキュメント作成ツールで、 XML で記述したシングルソースのコンテンツから HTML4.0, HTML3.2, LaTeX2e, JavaHelpおよびプレインテキストを出力できます。 小規模なドキュメントの作成に向いています。

TeX[編集]

WEB で書かれた組版ソフト。

a2ps[編集]

テキスト文書 (plain text) を綺麗に印刷できるよう、PostScript 文書に変換するツールです。 C で組まれたものと、Perl スクリプトで書かれたものの、二種類があります。

MacPorts や Fink から導入ができます。

その他[編集]

PDFJ[編集]

PDFJ は、日本語 PDF を生成する Perl モジュールです。JIS X 4051 にほぼ準拠した日本語組版ルールを組み込んであるのが特徴です。

SILE[編集]

SILE は Lua で書かれた組版システムです。英語のみならず、日本語をはじめとした様々な言語をサポートします。

2015年6月26日からは「brew install sile」でSILEを使う為の環境をHome Brew で、全てインストール出来ます。

http://www.sile-typesetter.org


SILE version 0.9.2 付属の The SILE Book の日本語の翻訳がほぼ完了しています。 但し「70ページある PDF ファイルですので GitHub 上で PDF プレビュー機能を使ってブラウザ上で開くとまず固まります。

sile_ja.pdf はブラウザ上で開かないでください。」と翻訳者のコメント有り。

https://github.com/shirat74/SILE-doc_ja

Wiki内の関連ページ[編集]