「リスト/グラフ・可視化」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
 
(2人の利用者による、間の7版が非表示)
行6: 行6:
  
 
== レビューなど ==
 
== レビューなど ==
*グラフ作成と科学的可視化 - http://fluid.mech.kogakuin.ac.jp/~minnie/Graph/
+
 
*HULINKS | グラフ作成ソフト - http://www.hulinks.co.jp/software/graphsoft.html
+
*[http://fluid.mech.kogakuin.ac.jp/~minnie/Graph/ グラフ作成と科学的可視化]
 +
*[http://www.hulinks.co.jp/software/stat_graph.html HULINKS | 統計解析/グラフ作成]
  
 
== Aabel ==
 
== Aabel ==
行61: 行62:
 
== ByeGraph ==
 
== ByeGraph ==
  
*http://members2.jcom.home.ne.jp/yasu.hirai/html-files/bye_graph/about_byeGraph.html
+
*http://nrsoftware.la.coocan.jp/html-files/bye_graph/about_byeGraph.html
 
+
  
 
== Charter ==
 
== Charter ==
行134: 行134:
 
なお [[X11]] + [[Motif]] を必要とします.
 
なお [[X11]] + [[Motif]] を必要とします.
  
 +
== GraphClick ==
 +
 +
画像グラフを数値化するデジタイザーソフト。App Store で購入できる。
 +
 +
* http://www.arizona-software.ch/graphclick/
 +
* http://ventulus.exblog.jp/19971801
  
 
== Grapher ==
 
== Grapher ==
行168: 行174:
 
*http://www.hulinks.co.jp/software/igor/
 
*http://www.hulinks.co.jp/software/igor/
  
日本語版はかなり割高ですから、開発元で英語版を購入すると良いかもしれません。
 
学生向けの「Student Personal Purchase」($85)もあります。
 
 
*http://www.wavemetrics.com/
 
*https://www.wavemetrics.com/order/order.htm
 
  
 
参考リンク
 
参考リンク
 
*[http://www.hulinks.co.jp/support/igor/gs.html Igor 入門講座(@ヒューリンクス)]
 
*[http://www.hulinks.co.jp/support/igor/gs.html Igor 入門講座(@ヒューリンクス)]
 +
*[http://surfphys.tagen.tohoku.ac.jp/notes/igorpro_use Igor Pro の使い方 - 東北大学虻川研究室]
  
 
== JPlot ==
 
== JPlot ==
行221: 行223:
  
  
 
== MuPAD ==
 
 
*http://www.lightstone.co.jp/products/mupad/mupad_mac.htm
 
  
 
== Ngraph ==
 
== Ngraph ==
行230: 行228:
 
*http://www.aee.yamagata-cit.ac.jp/Ngraph_for_MacOSX.html
 
*http://www.aee.yamagata-cit.ac.jp/Ngraph_for_MacOSX.html
 
なお [[X11]] + [[Motif]] を必要とします.
 
なお [[X11]] + [[Motif]] を必要とします.
 
== OmniGraphSketcher ==
 
 
Robin Stewart Software の [http://www.graphsketcher.com/ Graph Sketcher] をベースに開発された
 
Omni 製のスケッチ&グラフ作成ソフト。
 
Excel, Numbers から数値データを貼付けて利用できる。
 
 
* http://www.omnigroup.com/applications/omnigraphsketcher/
 
* http://www.act2.com/products/omni-graphsketcher.html
 
*[http://journal.mycom.co.jp/news/2009/03/27/030/index.html 塗り分けグラフを作成できる「OmniGraphSketcher」β版が公開] - マイコミジャーナル(2009-03-27)
 
  
 
== [[OpenOffice]].org ==
 
== [[OpenOffice]].org ==
行251: 行239:
 
== PlotDigitizer X ==
 
== PlotDigitizer X ==
  
グラフ画像を数値化するソフト。
+
グラフ画像を数値化するデジタイザーソフト。フリー。
  
 
* http://www.surf.nuqe.nagoya-u.ac.jp/~nakahara/software.html
 
* http://www.surf.nuqe.nagoya-u.ac.jp/~nakahara/software.html

2017年11月18日 (土) 22:55時点における最新版

OSXで使えるグラフ・可視化用ソフトウェアの情報をまとめていきましょう。

  • ただしこちらは2次元可視化向けです
  • 3次元のものは リスト/3D へお願いします。
  • また計算処理系は←へお願いします。

レビューなど[編集]

Aabel[編集]

StatViewぐらいの統計処理ができそうな高機能ソフトです。$345〜 の商用ソフト。

参考(アフィニティサイエンス)

Abscissa[編集]

  • break line at NAN, break line on step back という機能も付いている.
  • Abscissa を起動しておいて,callAbs コマンド(./Abscissa.app/Contents/Resources/callAbs もしくはそれをコピーしたもの)を用いると,コマンドラインから利用できるようです.

(1) ファイルのデータをプロットする例

$ which callAbs
/usr/local/bin/callAbs
$ callAbs -x open -f /Users/myname/mydata1 -rY

(2) 標準出力のデータをプロットする例(バッファー容量は64 kBとのことです)

$ callAbs -x newDocument -d "mytitle2"
$ callAbs -x readData -p "`cat mydata2`" -s aName2 -r doRangeOverAll -a Y
$ cat mydata2
# comment line
0  0
1  1
2  NAN
3  9
4  16


  • 古いバージョンでは,プロット点総数が100万点を超えるぐらいから,かなりレスポンス速度低下が見られた(v. 3.3.7).Intel Mac (MacOSX 10.5)で見られたが,PowerPC G4 Mac (MacOSX 10.4)ではこの異常は見られなかった.
  • v.3.4.1 では,上下辺の ticks の表示(さらに左右辺も)が正しく揃わない不都合があるようだ.

AquaTerm[編集]

AquaTerm を参照して下さい。

Berkeley Madonna[編集]

(連立)常微分方程式をグラフィカルに入力でき,その解のグラフが描画される。パラメータ等の値は、スライダー目盛りのドラッグでも変更でき、すぐにグラフに反映される。

ByeGraph[編集]

Charter[編集]

Charter App (available on the Mac App store) and client libraries (Ruby, C など)


Chartsmith[編集]

商用アプリケーション。開発元は Blacksmith Technologies 社。元は NEXTSTEP のアプリケーションだった。開発元のサイトからデモ版をダウンロードできる。AppleScript に対応している点がユニーク。

CoPlot[編集]

高機能な2Dプロットソフト。$280.00〜 の商用ソフト。


Dataplot[編集]

DataGraph[編集]

DataTank[編集]

DeltaGraph[編集]

DeltaGraph を参照して下さい。

∆Plot[編集]

http://www.crog.org/dplot/

フリーウェア。地質学などで使われる三角グラフ (ternary diagram; 三角図 ternary plot) の描画に特化したグラフソフト。

EureKalc 3[編集]

フリーウェア


GMT (Generic Mapping Tools)[編集]

詳しくは GMT を参照してください。

Gnuplot[編集]

詳しくは gnuplot を参照してください。

Grace[編集]

High Performance Computing for Mac OS Xリスト/UNIXパッケージ内)に紹介されているリンクをご参照

なお X11 + Motif を必要とします.

GraphClick[編集]

画像グラフを数値化するデジタイザーソフト。App Store で購入できる。

Grapher[編集]

MacOSX 10.4 にバンドルされているグラフ作成ソフト。昔のグラフ計算機に少し似ている。

  • 下記の会社の"Curvus Pro X" を Apple社が買い取ったものを元にしているとのことのようです。
  • http://www.arizona-software.ch/applications/curvusprox/en/
  • Google:curvus+pro+macosx
  • Google:Grapher
    • Curvus Pro X は数値データを入力させてプロットさせる機能も持っていたようです。
    • Apple社のGrapherも同機能を持っているのかもしれません。(どうなのでしょうか?)
      • 同じ機能ではないかもしれませんが、メニューバーの方程式→新規ポイントセットとして、「ポイントを編集」ボタンを押すとデータを編集でき、拡張子.txtのファイルを読み込むことができます。

Graphing Calculator[編集]

GraphingCalculator を参照してください。

IDL[編集]

IDL を参照して下さい。

IGOR Pro[編集]

WaveMetrics 社が開発している高機能なグラフ作成・データ解析ソフト。 あらゆるデータを "wave" として統合的に扱うのが特徴です。 ほぼ全てのマウス操作を、専用のマクロ言語でバッチ化することができます。

国内販売代理店は発売元はヒューリンクス社です。


参考リンク

JPlot[編集]

KaleidaGraph[編集]

KaleidaGraph を参照して下さい。

Mariner Calc[編集]

MathPad[編集]

MjoGraph[編集]

http://www.ochiailab.dnj.ynu.ac.jp/mjograph/

  • スクリプト(Ruby)で動かす例
#!/usr/bin/ruby
require 'tempfile'  
def plot(c)
  temp_file = Tempfile.new([' ',' '])
  x = (0..200).collect {|v| v.to_f}
  x.each do |i|
    temp_file.print Math::cos(i*0.1) * Math::exp(i*c)
    temp_file.print " "
    temp_file.print Math::sin(i*0.1) * Math::exp(i*c)
    temp_file.print "\n"
  end
  system("open \-a MjoGraph " + temp_file.path.to_s)
  sleep 0.2 # sleepを入れるとうまく動いてくれた
end
[0.002,0.004].each do |c| # 2本の曲線を描く
 plot(c)
end
exit


Ngraph[編集]

なお X11 + Motif を必要とします.

OpenOffice.org[編集]

Plot.app[編集]

Plot.app を参照

PlotDigitizer X[編集]

グラフ画像を数値化するデジタイザーソフト。フリー。

ploticus[編集]

数値データをX11 環境上でプロット表示する。unix コマンド。

Prism[編集]

pro Fit[編集]

商用アプリケーション。これも Classic で定番のグラフソフトの一つだった。 EPS や PDF での出力が可能。カーブフィッティング機能が強力(らしい)。


PSTricks[編集]

LaTeX のパッケージ。PostScript 命令を用いて様々な機能を実現します。

pyxplot[編集]

コマンドライン・ベースのプロットコマンド。gnuplotに似ている。

QtiPlot[編集]

Samurai Graph[編集]

2 次元データをグラフ化するソフト。LGPL だそうです。 Java で書かれているためか、若干動作が鈍く学術用途には(今のところ)使えないかもしれませんが、普通に日本語が使えたり、どの OS でも全く同じインターフェイスが利用出来るなどのメリットはありそうです。グラフ(フィギュアと呼ぶらしい)をマウスで移動したり拡大縮小出来たりしますから、関数描画機能が実装されれば中等教育に使えるかもしれません。今後が楽しみなソフトです。

ScatterMaker[編集]

SGraph[編集]

Smile[編集]

xgraph[編集]

数値データをX11 環境上でプロット表示する。unix コマンド。

  • http://www.isi.edu/nsnam/xgraph
  • 他のunix コマンドの標準出力をxgraphへ渡して可視化させることも可能。
    • 描画されたウィンドウをマウスでリサイズすると、プロットの描画がちらついて表示されるようです。
      • 10秒間ほど待っているとちらつきが止まるようです。(多数の点をプロットさせるとこの症状が起きるようです)
    • "glclock for MacOSX" も参考になるかもしれない.

vvidget[編集]


ライブラリ[編集]

plplot[編集]

plplot はグラフ描画に便利な関数を集めたライブラリで、 Fortran, C, C++, Tcl, Python など、さまざまな言語から呼び出して扱うことができます。 MacPorts から導入できます。

Matplotlib[編集]

Python用の2Dプロット環境

framework[編集]

core-plot[編集]

SM2DGraphView[編集]

DataGraph[編集]


Wiki内の関連ページ[編集]