joinPDF

提供: MacWiki
移動: 案内検索

joinPDF / splitPDF とは?[編集]

PDF 文書の結合や分割を行うコマンドラインツール。Adobe Acrobat を使うよりもはるかに速く pdf ファイルの結合や分割を行うことができる。

ライセンスは GPL。実行には JRE が必要。Windows版,Linux (Unix) 版もある。

インストール[編集]

インストーラが用意されているので,起動してパスワードを入力すると joinPDF,splitPDF の 2 つのコマンドがインストールされる。

また、Join_PDFs.app,joinPDF GUI 1.0b,PDFJoiner.app の 3 種類の GUI も同梱されている。

使用法[編集]

joinPDF[編集]

$ joinPDF destfile file1 file2 [file3 ...]

で,file1,file2,... が結合され,destfile という名前の 1 つの pdf ファイルとして保存される。つまり,このコマンドは少なくとも 3 つの引数を取る。もちろん,

$ joinPDF destfile dir/*.pdf

のようにすることも可能。

ちなみに、joinPDF は拡張子は見ていないので,なんらかの理由で .pdf 以外の拡張子が付いていたり、あるいは拡張子のない pdf ファイルでも、ファイル名を変更せずに結合できる。ただし pdf でないファイルを結合しようとするとエラーとなる。

splitPDF[編集]

$ splitPDF srcfile

とすると,srcfile の全ページが 1 ページずつ独立した pdf として書き出される。

$ splitPDF srcfile destfile1 destfile2 pagenumber

とすれば、srcfile を pagenumber のところで 2 つの pdf ファイルに分割する。たとえば、全部で7ページある src.pdf というファイルで

$ splitPDF src.pdf dest1.pdf dest2.pdf 3

のようにすると、

There are 7 pages in the original file.
Processed page 3
Processed page 4
Processed page 5
Processed page 6
Processed page 7

と表示され、src.pdf の 1-2 ページから dest1.pdf というファイルが、3-7 ページから dest2.pdf というファイルが作成される。

Wiki内の関連ページ[編集]