「wget」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
行32: 行32:
 
ブラウザ情報を設定する(というか嘘をつく)。
 
ブラウザ情報を設定する(というか嘘をつく)。
  
wget -U "Mozilla/5.0 [ja]" -c http://macisthebest.jp/image.jpg
+
<pre>
 +
wget -U "Mozilla/5.0 [ja]" -c http://macisthebest.jp/image.jpg
 +
</pre>
  
 
=== --referer ===
 
=== --referer ===
行38: 行40:
 
どのページのリンクをクリックしたか、リンク元のページを設定する(というか嘘をつく)。
 
どのページのリンクをクリックしたか、リンク元のページを設定する(というか嘘をつく)。
  
wget --referer=http://macisthebest.jp/index.html -c http://macisthebest.jp/image.jpg
+
<pre>
 +
wget --referer=http://macisthebest.jp/index.html -c http://macisthebest.jp/image.jpg
 +
</pre>
  
 
== Tips ==
 
== Tips ==

2007年4月28日 (土) 00:58時点における版

wget とは?

Web からファイルをダウンロードするいわゆる「ダウンローダ」。Mac OS X 付属の curl より軽いらしい。curl のような大括弧(ブラケット)[] を用いた連番指定が出来ないのが悲しい。中括弧(ブレース){} は使える。どうしても GUI が欲しい人用には CocoaWgetリスト/ネットワーク) がある。

導入方法

MacPorts や Fink を使って導入ができる。

ソースからビルドするには、

ココからソースを入手して、普通に configure; make; sudo make install を実行すればインストール出来る。 なお、先に gettext をインストールしておけばメッセージが日本語になります(煩わしいのでお勧めはしません)。

基本的な使い方

-c または --continue

途中までしかダウンロード出来なかったファイルを続きから継続してダウンロードする。常におまじないのように付けておくオプション。

wget -c image.jpg

-i

URL のリスト file.txt を用意しておいて、まとめてダウンロードする。

wget -i file.txt

-U または --user-agent

ブラウザ情報を設定する(というか嘘をつく)。

wget -U "Mozilla/5.0 [ja]" -c http://macisthebest.jp/image.jpg

--referer

どのページのリンクをクリックしたか、リンク元のページを設定する(というか嘘をつく)。

wget --referer=http://macisthebest.jp/index.html -c http://macisthebest.jp/image.jpg

Tips

リンクされている jpg 画像を丸ごとダウンロードする

wget -c -r -A .jpg http://macisthebest.jp/index.html

上記の場合はディレクトリ構成を保った状態でダウンロードされる。全てのファイルをカレントディレクトリにダウンロードしたい場合は -nd オプションを追加する。

HTTP_PROXY を設定する

wget -e HTTP_PROXY=0.00.00.00:00 -c image.jpg

システム全体で指定するには /etc/wgetrc に、 個人で指定するには ~/.wgetrc に「HTTP_PROXY=00.00.00:00」という設定を 書いておけば自動的に読み込まれる。 他にも、環境変数 http_proxy で http://hogehoge.fugafuga.ac.jp:00/ の形式で指定可能。


関連リンク

Wgetを使うことの利点
wgetという文字は左手だけで打てる。

という説明は面白いですね。


UNIXのネットワーク系コマンド