「readline」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(手直し。)
(MacOSX にデフォルトで含まれるreadline)
行6: 行6:
 
== MacOSX にデフォルトで含まれるreadline ==
 
== MacOSX にデフォルトで含まれるreadline ==
  
Mac OSX には readline 互換の libedit ライブラリが付属している。
+
Mac OSX には libedit ライブラリが標準付属している(GNU readline は標準付属していない).
GNU 系のソフトをビルドすると libedit ライブラリにリンクされるが、
+
* これは readline 互換という位置づけだが,GNU 系としては機能が不十分.
この libedit ライブラリの機能が不十分なため、問題を生じることがある。
+
* GNU 系のソフトをビルドすると,そのままではこの libedit ライブラリにリンクされ問題を生じることがある。
  
 
== GNU readline ==
 
== GNU readline ==

2009年9月13日 (日) 03:21時点における版

readline とは?

行単位の文字列入力・編集機能を提供するライブラリ。 Terminal で動作する UNIX アプリケーションでよく用いられている。

MacOSX にデフォルトで含まれるreadline

Mac OSX には libedit ライブラリが標準付属している(GNU readline は標準付属していない).

  • これは readline 互換という位置づけだが,GNU 系としては機能が不十分.
  • GNU 系のソフトをビルドすると,そのままではこの libedit ライブラリにリンクされ問題を生じることがある。

GNU readline

こちらはGNU 系のソフトとの整合が良好.