UNIXソフトのインストール

提供: MacWiki
2007年4月1日 (日) 09:00時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

UNIX ソフトのインストール方法

(執筆中)

たいていの場合、UNIX ソフトはソースコードの形で配布されています。ユーザーはソースコードを入手したのち、付属のドキュメントに従ってソフトウェアをコンパイルし、手元のマシンにインストールしていかなければなりません。またインストールの際にライブラリなどの必要なソフトを入手しなければなりません。

ここでは、ファイルの入手、展開、configure、makeといった一般的な方法を書く

自分の手でインストール

ファイルの入手

(執筆中)

多くの場合、その配布元に必要な環境、必要なライブラリー、インストール、コンパイルするための情報が書かれています。他のユーザーが書いている場合もあります。

ファイルの展開

(執筆中)

必要なファイルはtar.gzまたはtar.bz2に固めてあることが多いです。

tar -zxvf hogehoge.tar.gz

等で展開してください。展開後にpatchをあてる必要があることもあります。

ドキュメントを読む

(執筆中)

README、あるいは INSTALL というファイルであることが多い。docというディレクトリがある場合そこにも情報がおいてあることがあります。

configure

OS ごとに、ディレクトリ構成やライブラリの所在など、 make が調整 しなければならない条件が違ってきます。 そこで、一度 ./configure というスクリプトを実行してこうした条件を調べ、 OS 用の Makefile を作成するようにしているソフトがほとんどです。 たいていの場合は、

./configure


でオーケーでしょう。

./configure --help
./configure --prefix=/usr/local

xmkmfなどを用いてMakefileを作成する場合があるので注意が必要です。

make

(執筆中)

通常は

make

とし、

make install

でインストールすることが多いです。 システムにソフトウェアをインストールする場合は、 管理者(root)権限が必要ですから make install を実行する前に su コマンドで root にならなくてはなりません。しかし、Mac OS X では root ユーザーが 存在しませんから、代わりに sudo コマンドを用いて

sudo make install

のようにしてインストールすれば良いでしょう。

まとめ

まとめます。実際にはケース・バイ・ケースで判断する必要がありますが foo という UNIX ソフトをインストールする場合は、 次の手順でインストールできることが多いです。

tar zxvf foo-1.00.tar.gz
cd foo-1.00
./configure
make
sudo make install


バイナリパッケージの手を借りる

(執筆中)

リスト/UNIXパッケージ

Wiki内の関連ページ