「Spotlight」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(mdutil)
行44: 行44:
 
== mdutil ==
 
== mdutil ==
  
ボリューム(パーティション)に対してインデクシング等を操作するコマンド.
+
ボリューム(パーティション)に対してSpotlightのインデクス作成等を操作するコマンド.
 
+
*Spotlight対象する・しない等も設定可能
 +
**例えばマウントしたファイルサーバに対して
 +
*マニュアルを見る
 
  $ man mdutil
 
  $ man mdutil
  

2009年11月21日 (土) 22:07時点における版

Spotlight とは?

Mac OS X 10.4 (Tiger) に導入された検索エンジン。詳しくは Wikipedia:Spotlight などを参照して下さい。


mdimporter

Spotlight は mdimporter と呼ばれるプラグインを利用して、検索機能を拡張できる。 mdimporter は、/System/Library/Spotlightまたは/Library/Spotlight に置けば良い。

JapaneseText.mdimporter

EUC-JP、Shift-JIS、ISO-2022-JP、UTF-8、UTF-16 で書かれた日本語プレーンテキストを Spotlight で検索できるようになります。

BibImporter.mdimporter

BibTeX ソースを Spotlight 検索するための mdimporter。BibDesk のコンテンツ内部に含まれている。

TeX.mdimporter

TeX ソースを Spotlight 検索するための mdimporter。TeXShop 2 のアプリケーションバンドル内部に含まれている。

和文 TeX ソースは UTF-8 エンコードである場合のみ対応。


mdutil

ボリューム(パーティション)に対してSpotlightのインデクス作成等を操作するコマンド.

  • Spotlight対象する・しない等も設定可能
    • 例えばマウントしたファイルサーバに対して
  • マニュアルを見る
$ man mdutil

Spotlight のトラブル

「移行アシスタント」で新しいマシンに乗り換えたあと、Spotlight の検索結果が不完全になる

この場合は「システム環境設定 > Spotlight > プライバシー」タブで「検索から除外する場所」にルートディレクトリを指定します。そして、もう一度「プライバシー」パネルを開いて指定を解除すると、Spotlightが全ディレクトリのインデックスを作り直すことができます。下は、インデックス再作成中の画面です。

spotlight-rebuild.png

*.tex ソース内の日本語文字列が Spotlight 検索の対象とならない

SJIS コードの .tex ソースで試してみたのですが,検索対象にならないようです.

Spotlight は“青木”を検索してくれない

「青木」以外でも幾つかのキーワードで正常動作しないことを確認 (於 Mac OS X 10.5.5) している。現行の Spotlight は信用しないほうがよいのだろう。--たちゃな 2008年9月17日 (水) 07:58 (UTC)

関連するソフトウェア等

そのほか

  • Spotlight (mdfind, mdls コマンド) で,pdf ファイル内のメタデータ(title とauthors)を検索・表示させる実験
    • title については,mdls で kMDItemTitle を見ると,そのままの title が無事に表示された.(日本語ならば UTF-8 コードで表示)
    • authors については,kMDItemAuthors を見ると,一人目の author のみが表示される.(ただし,日本語ならば "\U..." というコード(?) で表示されるようなので本当は確認できていません...)
    • pdf 自身の仕組み(?)の中で,authors メタデータは自動的に author メタデータ(一人目)に変換されており,kMDItemAuthors は後者の方を見ているようだ.
  • pdf ファイルの author メタデータに関係するのかもしれませんが,「研究会議の proceedings (の pdf ファイル群) を受け取ったけれども,Spotlight 検索を用いて各論文の著者名をキーワードにして効率的に検索できるようにしたい.」という目的のためには,各ファイルの Spotlight コメント欄に著者名を書き込むと良いようです.(Automator による自動化も可能? ただしあまり妥当な方法ではないようでしたら申しわけありません.)

Wiki内の関連ページ