「Python」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(インストール)
行14: 行14:
  
 
== インストール ==
 
== インストール ==
 +
モジュールのインストールについて
  
 
*python本体とモジュールの整合に注意が必要
 
*python本体とモジュールの整合に注意が必要
行26: 行27:
 
**調べ方が統一されているわけではない
 
**調べ方が統一されているわけではない
  
*標準搭載版でないpythonをインストール
+
=== python本体のインストール===
 +
標準搭載版でないpythonをインストール
 
http://www.python.org/download
 
http://www.python.org/download
** python-3.1.x.dmg
+
* python-3.1.x.dmg
** python-2.6.x.dmg
+
* python-2.6.x.dmg
** python-2.5.x.dmg
+
* python-2.5.x.dmg
  
*site-packages
+
===site-packages===
 
モジュール情報が収められるディレクトリ
 
モジュール情報が収められるディレクトリ
  
OSX標準pythonでの例
+
MacOSX 10.5標準pythonでの例
 
  /Library/Python/2.5/site-packages
 
  /Library/Python/2.5/site-packages
  

2009年12月9日 (水) 01:25時点における版

Pythonとは?

スクリプト言語の1つ。(Mac OS X に標準搭載されている。)

詳しい情報は,

インストール

モジュールのインストールについて

  • python本体とモジュールの整合に注意が必要
    • architecture:MacOSX 10.6 標準では, 64 bit (x86_64) の Python 2.6.1 と NumPy 1.3.0 がインストールされるとのこと.
  • インストール済みモジュールを調べる
    • バージョン(例 numpy)
$ python -c "import numpy;print numpy.__version__"
1.3.0
    • architecture(例 math)
$ python -c "import math;print dir(math);import commands;print commands.getoutput('file ' + math.__file__)"
    • 調べ方が統一されているわけではない

python本体のインストール

標準搭載版でないpythonをインストール http://www.python.org/download

  • python-3.1.x.dmg
  • python-2.6.x.dmg
  • python-2.5.x.dmg

site-packages

モジュール情報が収められるディレクトリ

MacOSX 10.5標準pythonでの例

/Library/Python/2.5/site-packages

python-2.5.x.dmgでの例

/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.5/lib/python2.5/site-packages/

Python 3.x

http://www.r-styles.net/mt-archives/weblog/development/python30-on-leopard.html

IPython

python用の対話型シェル環境

  • Python標準シェルに比べて高機能

http://ipython.scipy.org/

setuptools

一部のモジュールに対して管理機能(インストール等)を提供

$ sh setuptools-0.6c11-py2.5.egg

モジュール

SciPy

科学技術計算関数を提供。

  • macports からもインストール可能。

SciPyについての説明等:

Mac OS X 10.5.7 Leopardへのインストール:http://d.hatena.ne.jp/yamato-y/20090608

  • SciPy 0.7 は Python 2.6 をサポート

NumPy

数値計算向け環境 http://docs.scipy.org/doc/numpy/reference/routines.html

Matplotlib

2Dプロット環境


Matplotlib Basemap Toolkit

地図とデータをプロット http://matplotlib.sourceforge.net/basemap/doc/html/ http://www.scipy.org/Cookbook/Matplotlib/Maps

coastline データは GSHHS のもの(http://www.soest.hawaii.edu/wessel/gshhs/gshhs.html) . state, country, river データは GMT のもの(http://gmt.soest.hawaii.edu).

lxml

xml処理.

$ curl -O ftp://xmlsoft.org/libxml2/libxml2-2.7.6.tar.gz
$ curl -O ftp://xmlsoft.org/libxml2/libxslt-1.1.26.tar.gz
$ curl -O http://codespeak.net/lxml/lxml-2.2.4.tgz
$ 
$ cd libxml2-2.7.6
$ ./configure --prefix=/usr/local/libxml2-2.7.6
$ make
$ sudo make install
$ cd /Library/Python/2.5/site-packages  # for Mac OSX 10.5 default Python
$ sudo ln -s /usr/local/libxml2-2.7.6/lib/python2.5/site-packages/* .
$ 
$ cd libxslt-1.1.26
$ ./configure --prefix=/usr/local/libxslt-1.1.26 --with-libxml-prefix=/usr/local/libxml2-2.7.6
$ make
$ sudo make install
$ cd /Library/Python/2.5/site-packages    # for Mac OSX 10.5 default Python
$ sudo ln -s /usr/local/libxslt-1.1.26/lib/python2.5/site-packages/* .
$ 
$ STATIC_DEPS=true easy_install
$ STATIC_DEPS=true sudo easy_install

obspy

地震計データの処理.http://svn.geophysik.uni-muenchen.de/trac/obspy/wiki/

  • インストール例
$ svn checkout https://svn.geophysik.uni-muenchen.de/svn/obspy obspy
$ cd obspy
$ python
>>> import commands
>>> list=["",'arclink','core','fissures','gse2','imaging','mseed','sac','seisan','seishub','signal','wav','xseed']
>>> for x in list:
>>>     if x != "": x = '.' + x
>>>     commands.getoutput('(cd obspy' + x + '/trunk; python setup.py develop)')

Wiki内の関連ページ