MediaWiki

提供: MacWiki
2007年4月1日 (日) 09:00時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

MediaWiki とは

MediaWiki(メディアウィキ)とは、Magnus Manske らによって作成された Wiki プログラムです。

GNU Genaral Public License にて配布されているフリーソフトウェアであり、 フリー百科事典ウィキペディア のバックエンドとしても用いられています。


MacWiki のシステム移行について

MacWiki では現在、バックエンドとして利用されている Wiki プログラム(MacWiki.cgi と呼びます)を、 マルチユーザ環境により適した MediaWiki に置き換えませんか、という提案がなされています。(Apr 6, 2007〜)


移行の際の必須条件

  • 名称は MacWiki を踏襲すること。
  • 現行のコンテンツを継承すること。
  • 文字エンコードは Unicode であること。
  • 移行にあたり、主要記事(GMT, MacOSX_WorkShop, CarbonEmacs, TeXShop, MacPorts)の執筆者の賛同が得られること。


望ましい条件

  • デザインが今の MacWiki と似ていること。
  • Mac ユーザーを引きつける「使い心地の良さ」があること。
  • 全文検索機能が使えること。
  • 将来を見据え、他の Mac 系 Wiki が合流できるだけのポテンシャルを有すること。

現システムにおける問題点の整理

  • コンテンツが書き換えられた際のトレーサビリティが不足している。
    • 誰がいつ書き換えたのか、よく判らないことがある。
  • コンテンツのバージョン管理に難あり。
    • 更新履歴は一階層しか残らない。
    • それ以前の内容に戻すには、管理者がバックアップファイルから手動で戻さなくてはならない。


候補となるシステム (MediaWiki)

以上の条件を満たし、かつ問題を払拭する Wiki システムとしては、MediaWiki を候補に挙げることができます。

  • 名称の踏襲 →OK
  • コンテンツの継承 →懸案事項I
  • Unicode →OK
  • 賛同→回答待ち
  • デザイン →? 似せることは可能と思われます。
  • 全文検索→OK
  • ポテンシャル→OK
  • トレーサビリティ→OK アカウント管理がなされ、書き手を識別できます。
  • バージョン管理→OK 履歴は全て保存されます。

その他の機能として、以下のようなものがあります。

  • 外部プラグイン FancyCaptcha による spam 対策を利用できます。
  • ページ毎に用意される「ノート」にて、コンテンツ更新の際などに事前の相談ができます。
  • 画像などのアップロードが可能です。


懸案事項

I. コンテンツの移行手順(案)

大体、以下のような手法でおこなうのが近道でしょうか。

  • 1. MacWiki 形式のタグを MediaWiki 形式に変換するスクリプトを書く
  • 2. スクリプトを使って MacWiki の全コンテンツを MediaWiki へと一気に変換・登録する
  • 3. MediaWiki に合わせたコンテンツの構造整理をおこなう(ページのカテゴライズ等。このあたりは力技で?)

スクリプトに関しては、未着手の状態です。 YukiWiki 系の Wiki から MediaWiki に移行したプロジェクトが他にあれば、スクリプトを貰えそうな気もします。

  • MacWiki は文法が簡単なので、手動でも構わないと思います。むしろ、人の手を介して整理した方が良さそう。 やはりスクリプトは必要です。- ぜ
    • コンテンツ移行用のスクリプトを試作してみました。http://macwiki.sourceforge.jp/y2m/ に置いておきます。以下のようにすることで、タグ変換済みのコンテンツ(全部で 338 ページ)が result ディレクトリに出力されます。
$ cd /home/groups/m/ma/macwiki/htdocs/y2m
$ mkdir result
$ ./y2m.pl ../../cgi-bin/wiki result
    • 各ページを実際に登録する際には内容の確認・修正作業を経たほうが良いと思われますので、以後の作業は手分けして(人海戦術で)おこなう方向でお願いしたいところです。もう少し手を加えて更なる省力化を目指してみます。

II. sf.jp 上で MediaWiki が動作するのかどうか

MediaWiki を動作させる上での要件は以下のとおりです。

MediaWiki PHP MySQL
1.9 系列(カレントバージョン) PHP 5.0 以降が必須 / 5.1 を推奨 MySQL 4.0 以降が必須
1.8 系列(レガシーバージョン) PHP 5.0 以降が必須 / 5.1 を推奨 MySQL 4.0 以降が必須
1.6 系列(レガシーバージョン) PHP 4.3.2 以降が必須 MySQL 3.0 以降が必須


sf.net では MediaWiki(1.6 系列)を設置した事例があるようですが、sf.jp は不明です。

SourceForge.jp を調査した結果、用意されている PHP は 4.3.10、MySQL はバージョン 4.0.24 でした。 バージョンに関してのみ言えば、これらは MediaWiki のレガシーバージョン(1.6 系列)における要求を 満たしているように思われますが、実際に動作するかどうかは、まだなんとも言えません。

問題がなければ、MacWiki の空きスペースに MediaWiki をインストールして、 動作試験をおこなってみたいと考えています。

  • MySQL 4.0.24 --- このバージョンは Unicode に対応しているのでしょうか? - ぜ
    • MySQL 本体で Unicode が扱えるようになるのは 4.1/5.0 以降ですが、カレントバージョンの MediaWiki でもこの機能の利用は experimental 扱いとなっています。Unicode への対応は MediaWiki 側で処理されます。

III. そもそも sf.jp 上でサービスすることが妥当かどうか

以下の問題に関して、事前に充分検討しておく必要があります。

  • カレントバージョンの MediaWiki(1.9 系列)は PHP 5.x を要求するため、sf.jp 上で動作させることができません。
  • sf.jp のホスティングはあまりセキュアな構造になっておらず、他のプロジェクトからアクセスができてしまいます。
    • これは現状でも同じですが。
  • 将来的に他の Wiki との合流を考えたとき、sf.jp であることが足かせとならないでしょうか。
    • sf.jp 上でホストされるプロジェクトは、フリー/オープンソースソフトウェア関連であることを要求されるので、合流相手も同種でなければなりません。
    • 汎用の Mac 用 Wiki に向かうことは考えていません。これまでどおり、OSS 系+アカデミック系の人々の情報交換の場になれば、それでいいと考えています。- ぜ
    • レンタルサーバー契約/更新の手間がないことも sf.jp の利点です。
  • 動作したとしても、充分なスループットが得られるでしょうか。
    • MediaWiki は動作に必要となるリソース量が比較的大きいので。実際にテストしてみないことには判りません。


関連リンク