「Mail.app」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(文字化け)
(not found)
 
(3人の利用者による、間の3版が非表示)
行1: 行1:
 
== Mail とは? ==
 
== Mail とは? ==
  
[[MacOSX]] にバンドルされている Apple 製の e-メールソフトウェアです。一般の言葉と紛らわしいので、Apple Mailとも書かれます。詳しくは Wikipedia などを参照して下さい。
+
[[MacOSX|Mac OS X]] にバンドルされている Apple 製の e-メールソフトウェアです。一般の言葉と紛らわしいので、Apple Mailとも書かれます。詳しくは Wikipedia などを参照して下さい。
  
*http://www.apple.com/jp/macosx/features/mail/
 
 
*http://ja.wikipedia.org/wiki/Mail_%28%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%29
 
*http://ja.wikipedia.org/wiki/Mail_%28%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%29
  
行10: 行9:
 
*環境設定 > 表示 > HTML メッセージでリモートイメージを表示する を必ずオフにすることをお薦めします。
 
*環境設定 > 表示 > HTML メッセージでリモートイメージを表示する を必ずオフにすることをお薦めします。
  
メールの添付ファイルは、
+
 
 +
== 添付ファイル ==
 +
=== 送信 ===
 +
* メニューの「編集」→「添付ファイル」で,「常に Windows 対応の添付ファイルを送信」を指定可能
 +
 
 +
=== 受信 ===
 +
受信メールの添付ファイルは、
 
「ダウンロードフォルダに保存」を行うと、
 
「ダウンロードフォルダに保存」を行うと、
 
「~/Library/メールダウンロード(Mail Downloads)  」に保存されます。
 
「~/Library/メールダウンロード(Mail Downloads)  」に保存されます。
行77: 行82:
  
 
== トラブルシューティング ==
 
== トラブルシューティング ==
 
=== プレーンテキストをペーストすると改行が欠落する ===
 
 
OS X 10.4 + Safari 3.1 + セキュリティアップデートのバグ。
 
Safari3.1.1アップデートで修正された模様です。
 
 
*http://discussions.info.apple.co.jp/WebX?14@586.VdjCcbjUg19.2@.f042098
 
*http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/mac/1194534026/815-819
 
 
=== 日本語が入力できなくなる ===
 
 
WebKit関係のバグ。リビジョン *.11 のOSでこのレベルの問題は勘弁してほしい...
 
*http://discussions.info.apple.co.jp/WebX?128@49.zZRvcQfMcVm.0@.f03ab9f
 
  
 
=== メール本文の折り返し ===
 
=== メール本文の折り返し ===
行130: 行122:
  
 
* 「すべてのヘッダ」を表示させると文字セットを確認できる.(下書き中のメッセージに対しても)
 
* 「すべてのヘッダ」を表示させると文字セットを確認できる.(下書き中のメッセージに対しても)
 
  
 
== [[AppleScript]] ==
 
== [[AppleScript]] ==

2014年8月11日 (月) 20:24時点における最新版

Mail とは?[編集]

Mac OS X にバンドルされている Apple 製の e-メールソフトウェアです。一般の言葉と紛らわしいので、Apple Mailとも書かれます。詳しくは Wikipedia などを参照して下さい。


セキュリティのために

  • 環境設定 > 表示 > HTML メッセージでリモートイメージを表示する を必ずオフにすることをお薦めします。


添付ファイル[編集]

送信[編集]

  • メニューの「編集」→「添付ファイル」で,「常に Windows 対応の添付ファイルを送信」を指定可能

受信[編集]

受信メールの添付ファイルは、 「ダウンロードフォルダに保存」を行うと、 「~/Library/メールダウンロード(Mail Downloads) 」に保存されます。 この保存フォルダの場所は「環境設定...」で変更することができます。

プラグイン[編集]

Mail.app は、サードパーティー製のプラグインを使って 機能を拡張することができます。


メールの暗号化と電子署名[編集]

Mail.app でメールの暗号化や電子署名を使う方法としては、次の3つの方法があります。現実的には、S/MIME方式とGnuPGとの間の二択になると思います。

S/MIME[編集]

Mail.app は標準でこの方式に対応していて、キーチェーンに証明書ファイルを取り込むだけで、そのまま署名/暗号化機能を使えるようになります。このとき、証明書を第三者機関に発行してもらう必要がありますので注意して下さい。.Mac 有料サービスをお使いの方は、iChat の認証を Mail.app 用に転用することができます。

  • 10.4: Use .Mac iChat certificates in Mail(英語)

http://www.macosxhints.com/article.php?story=20051121134558157

また、無料の証明書発行サービスを利用する方法もあります。

  • joar.com > Using encryption and digital signatures in Mail(英語)

http://joar.com/certificates/

  • Thawte

http://www.thawte.com/

参考

GnuPG (PGP)[編集]

PGPのフリー実装である gnupg を、専用のプラグイン(GPGMail)経由で利用する方法です。フリーであることや、第三者機関の認証が不要であることから、OSX上の署名方法としてはよく普及しています。しかし、Mail.app がバージョンアップする度に、対応版の GPGMail をインストールしなければならないので、ソフトウェアアップデートの際には注意を払う必要があります。

PGP Desktop[編集]

PGP Corp. の市販製品です。フリーではないうえに製品の完成度が低く、現時点でお薦めできるものではありません。


トラブルシューティング[編集]

メール本文の折り返し[編集]

Tiger になってから、自分の送信したメールが 思ったより短い箇所で改行されているような気がします。 どうしたら予期せぬ改行をオフにできるでしょうか?

文字化け[編集]

  • メールの内容が Shift JIS で書かれている場合に、ヘッダーの文字コードが無指定(つまり「Content-Type: charset=ISO-2022-JP」というような指定が無いということ?)だった場合には、本来の文字コードを用いて表示できないようです。
  • このような場合には、メニューコマンドの「メッセージ」の中から「テキストエンコーディング」を「Shift JIS」に指定して対処します。
  • Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ http://d.hatena.ne.jp/NAOI/about

OR/NOT 検索がうまく動作しない[編集]

ヘルプの記述とアプリケーションの仕様が一致していないようです。

デフォルトの文字セット(送信メッセージの)[編集]

設定するには下記のコマンドを実行する(ISO-2022-JP に設定する例).Mail再起動後に設定が有効となる.

$ defaults write com.apple.mail NSPreferredMailCharset "ISO-2022-JP"
  • デフォルト設定を表示させるには
$ defaults read com.apple.mail NSPreferredMailCharset
  • ただしMailは含まれる文字によっては文字セットを自動変更して対応を行う.(CP932やUTF-8等へ)

文字セットを手動設定(送信メッセージの)[編集]

送信メッセージの文字セットを,デフォルトや自動変更に任せず,手動設定するには,

  • メニューコマンドの中から,テキストエンコーディングを「日本語(ISO 2022-JP)」等へ手動変更する.(送信前に)
  • 「すべてのヘッダ」を表示させると文字セットを確認できる.(下書き中のメッセージに対しても)

AppleScript[編集]

以下のサイトに関連情報があります。

Wiki内の関連ページ[編集]