「IDL」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(トラブルシューティング: これも不要でしょう。)
(参考になるページ)
行32: 行32:
 
**配布パッケージにIDLプロシージャ類が含まれている
 
**配布パッケージにIDLプロシージャ類が含まれている
 
**http://www-space.eps.s.u-tokyo.ac.jp/~yokoyama/etc/cans/
 
**http://www-space.eps.s.u-tokyo.ac.jp/~yokoyama/etc/cans/
*http://www.infra.kochi-tech.ac.jp/takalab/manual_b/idlweb/
 
 
*[http://wiki.livedoor.jp/idlwiki/d/FrontPage IDL Wiki]
 
*[http://wiki.livedoor.jp/idlwiki/d/FrontPage IDL Wiki]
  

2016年10月8日 (土) 13:21時点における版

IDL とは?

Interactive Data Language の略。 Exelis Visual Information Solutions 社が販売しているデータ処理・可視化用の言語。 詳しくは IDL(Wikipedia) を参照して下さい。

価格

OS X 版のライセンス価格は、おおよそ下記の通り (2006-09-06)

  • 日本:Single Node 17万〜、Floating License 25万〜(アカデミック)
  • 北米:Node Lock $2400〜、Floating $3900〜

学生向けに安価な Student Edition($89〜$99)があるが、日本国内では取り扱っていない。(日本へ配送してもらうことも不可能)

参考になるページ

参考書籍

GDL

GPLで開発がすすめられているIDL互換環境です。

Wiki内の関連ページ