「コマンド/say」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(-o file)
行38: 行38:
 
音を出す代わりに、aiff ファイルに音声を保存します。
 
音を出す代わりに、aiff ファイルに音声を保存します。
  
  say hello -o hello.aiff
+
  say -o hello.aiff hello
  
 
== Wiki内の関連ページ ==
 
== Wiki内の関連ページ ==

2010年1月23日 (土) 19:53時点における版

概要

Macに、英語を発音させるコマンドです。

  • 場所:/usr/bin/say
  • OS X のバージョン:Mac OS X の全バージョン

使い方

下のように、英語の台詞を指定して使います。 他の言語には(少なくとも日本語には)対応していません。

$ say hello

お遊びですが、

$ say kon nitch wah

のようにして、むりやり日本語を喋らせてみると面白いです。

オプション

-v voice

声の種類を変えることができます。 例えば、-v オプションで Bruce を指定すると、男性の声に変わります。

$ say -v Bruce Hi

また、Victoria では別の女性の声に変わります。

$ say -v Victoria Hello

声は /System/Library/Speech/Voices/ ディレクトリにあるものの中から選べます。

-o file

音を出す代わりに、aiff ファイルに音声を保存します。

say -o hello.aiff hello

Wiki内の関連ページ