「コマンド/osascript」の版間の差分

提供: MacWiki
移動: 案内検索
(shebang)
(shebang)
行36: 行36:
 
== shebang ==
 
== shebang ==
  
(間接的に)shebangを実現
+
通常の流儀で書けばよい.
 +
 
 +
* Leopard(10.5)からはshebang行も解釈されるようになりました。
 +
 
 +
$ cat astest
 +
#!/usr/bin/osascript
 +
tell application "iTunes" to play
 +
beep 3
 +
 
 +
 
 +
 
 +
===(間接的に)shebangを実現 ===
 +
MacOSX 10.4 以前ではこちらが必要とのこと
 
http://qz.tsugumi.org/AppleScript%252Fosascript.html
 
http://qz.tsugumi.org/AppleScript%252Fosascript.html
  
行46: 行58:
 
  cat "$1" | (read;/usr/bin/osascript - "$@")
 
  cat "$1" | (read;/usr/bin/osascript - "$@")
 
  $
 
  $
 
Leopard(10.5)からはshebang行も解釈されるようになりました。
 
  
 
== Wiki内の関連ページ ==
 
== Wiki内の関連ページ ==

2009年10月19日 (月) 02:40時点における版

概要

AppleScript を実行するためのコマンドです。

  • 場所: /usr/bin/osascript
  • OS X のバージョン:Mac OS X 10.4

使い方

osascript <file>
osascript -e 

osascript は指定されたファイルか、コードを AppleScript として実行します。 AppleScript ファイルをコマンドラインから呼び出せる他、Shell script と組み合わせて利用することも可能です。

--
-- sleep.scpt: sleep immediately
--
tell application "Finder"
  sleep
end tell

例えば、上のようなファイルを用意して、次のコマンドを実行すると、 30 分後に Mac をスリープさせることができます。

$ sleep 1800 && osascript sleep.scpt

オプション

-e <code>

<code> 部分の AppleScript コードを実行します。perl や ruby の -e オプションと使用方法は同じです。

osascript -e 'tell application "Finder" to activate'

shebang

通常の流儀で書けばよい.

  • Leopard(10.5)からはshebang行も解釈されるようになりました。
$ cat astest
#!/usr/bin/osascript
tell application "iTunes" to play
beep 3


(間接的に)shebangを実現

MacOSX 10.4 以前ではこちらが必要とのこと http://qz.tsugumi.org/AppleScript%252Fosascript.html

#!/usr/local/bin/osas
tell application "iTunes" to play
$ cat /usr/local/bin/osas
#!/bin/sh
cat "$1" | (read;/usr/bin/osascript - "$@")
$

Wiki内の関連ページ