TeX入門

提供: MacWiki
移動: 案内検索

TeX とは?[編集]

TeXとは組版システム(の一種)です。ここでは、OS X 上の TeX 環境を構築するための手引きや、周辺ツールの利用方法を紹介します。

  • 組版とは簡単に言うと書籍レベルの上質な仕上がりの出版物イメージを作成(出力)することです.
  • 数式を綺麗に出力できるので、理工系のレポートや学術論文を作成するためには必須のツールです。
  • TeX システムの中核は UNIX コマンドなので,OS X との親和性も高いです。
  • 詳しくは Wikipedia:TeXWikipedia:組版 などのページを参照して下さい。


TeX を利用するためのツール[編集]

TeX を利用するためには、主に次の3種類のツールが必要です。

  • TeX のソースコードを編集するテキストエディタ
  • タイプセット処理を行う TeX コマンド群
  • DVI ファイルを表示・印字する DVIware

それぞれ順に、代表的なツールを紹介します。

TeX のソースコードを編集するテキストエディタ[編集]

リスト/テキストエディタの中から目的に合ったものをお使いください.少し補足すると,

auctex や yatex(CarbonEmacsAndYatex参照)といった高機能な編集モードを使うことができる。

TeX 編集専用モードを備えています。

TeX 編集専用モードを備えています。
「TeX tool for mi」(リスト/TeX参照)という補助ツールも公開されています。

1ウィンドウ内で,複数文書を編集作業できる。

手軽に利用できる,Texプレビューアと統合されたテキストエディタ.

1ウィンドウ内で,複数文書を編集作業できる。

手軽に利用できる,Texプレビューアと統合されたテキストエディタ.

タイプセット処理を行う TeX コマンド群[編集]

TeX のシステムはたいへん複雑で、インストールするのは大変な作業です。
たいていの場合は、有志の方が用意して下さったバイナリパッケージを利用することをお薦めします。
主な TeX のバイナリパッケージは、リスト/TeX で紹介されています。
その際、できるだけ Ghostscript も同時にインストールされることをお薦めします。

また、HomebrewMacPorts や Fink や MacOSX_WorkShop といった UNIX パッケージ集にも TeX が収録されていています。
リスト/UNIXパッケージ の該当の項を参照して下さい。

DVI ファイルを表示・印字する DVIware[編集]

TeX ファイルをタイプセットすると、標準では DVI 形式のファイルが生成されます。
dvipdfmx というコマンドラインのツール(TeX Live や MacTeX などの TeX ディストリビューションには付いてくるはずです)を使うと、 DVI ファイルを PDF ファイルに変換することができます。
OS X 上で DVI ファイルを閲覧するには、dvipdfmx を使用して PDF ファイルに変換したあとで Skim を使うと良いでしょう。
PDFファイル は、OS X の標準の Preview.app で見れますし、TeXShopをプレビューアとして使うこともできます。

  • pdfTeX、LuaTeX といった直接 PDF 形式のファイルを生成するものもあります。LuaTeX は LuaTeX-ja を使用すれば日本語の組版もできます。OS X は PDF ベースの描画が採用されているため、OS X ネイティブの TeX関連ツールは PDF 形式のものが充実しています。LuaTeX と LuaTeX-ja を使用すればDVIファイルを経由せずにPDFファイルを直接生成できるでしょうから、OS X ユーザにとってはメリットが大きいと思います。

OTF パッケージ[編集]

OTF パッケージ (otf.sty) を使うと、ヒラギノフォント (Adobe Japan 1-5 対応フォント) に含まれる全てのグリフを打ち出すことができるようになります。
TeX Live や MacTeX に付いてきます。

また、OTF パッケージを deluxe オプション付きで使うと、和文フォントが多ウェイトに対応し、ヒラギノフォントの各書体が利用できるようになります。 さらに、expert オプション付きで使うと、Adobe Japan 1-4 に収録される縦組み・横組み専用仮名、ルビ用仮名が利用できるようになります。

関連リンク[編集]

Wiki内の関連ページ[編集]