QuickTime

提供: MacWiki
移動: 案内検索

QuickTime とは?[編集]

動画や音楽などを扱う Mac OS X のマルチメディア技術です。QuickTime Player(標準で搭載されているアプリケーション)やQuickLook利用で動画再生などを行います。 詳しくは Wikipedia:QuickTime などを参照して下さい。

QuickTime X[編集]

Mac OS X v10.6 以降の標準の QuickTime 技術は、それ以前のもの(Mac OS X v10.5 の QuickTime v.7.7)とは区別され、QuickTime X(v.10.x)と呼ばれます。

Mac OS X v10.6〜10.8 では QuickTime Kit(QTKit)、Mac OS X v10.9 以降は AV Foundation(AVKit)を用いています。(これらのバージョンは順に QuickTime 10.0, 10.1, 10.2, 10.3。QuickTime 10.3以降はQuickTime v.7 との互換性がより小さくなったので注意が必要。)

なお Mac OS X v10.6 以降でも、QuickTime Player v.7 (QuickTime v.7.7 ベース)を追加インストールして動かすことができます(→ QuickTime Player 7 のインストール)。

Mac OS X v10.9 では、実際にはまだ QTKit もサポートされています。また AVKit / QTKit のどちらのフレームワークでも H.264 コーデック動画を再生できたりします。

QuickTime VR[編集]

Text Descriptors (テキストディスクリプタ)[編集]

AppleScript[編集]

フルスクリーンで動画を再生[編集]

  • 開いている最前面の動画をフルスクリーンで再生する
tell application "QuickTime Player"
	-- set sound volume of front movie to 128 -- 音量の変更 (0-384),256で100%の音量
	present front movie scale screen
	-- present movie 1 scale screen
	-- set muted of front movie to true -- ミュート
end tell
  • 動画を1つずつ全て再生する (もちろん動画だけでなく、MP3等も再生できる)
tell application "Finder" to set theList to every file of folder "TV" of (path to movies folder)
tell application "QuickTime Player"
	repeat with aFile in theList
		open aFile
		present movie 1 scale screen
		repeat until not (playing of movie 1)
			delay 1
		end repeat
		close movie 1
	end repeat
end tell

連番になっている画像を連結した動画を作成する (画像はすべて同じ寸法)[編集]

tell application "QuickTime Player"
	activate
	set firstFile to choose file with prompt "連番の最初のファイルを選択"
	open image sequence firstFile seconds per frame 2
	-- open image sequence firstFile frames per second 2
	save movie 1 as self contained
end tell

QuickTime のスクリプト[編集]


関連するソフトウェア[編集]

  • Miyu

ムービーに字幕を追加して書き出すアプリケーション。フリーウェア。

http://www.fluffalopefactory.com/miyu/index.html

  • Subberbian

QuickTimeで開けるあらゆるムービーに字幕を付加して書き出すアプリケーション。フリーウェア。

http://pencilsoftware.com/Subberbian.html

Wiki内の関連ページ[編集]