PDF

提供: MacWiki
移動: 案内検索

PDF とは?[編集]

Adobe社が策定した、閲覧性を重視した文書(もしくは図形や画像)ファイルフォーマット。 詳しくは Wikipedia:Portable_Document_Format などを参照して下さい。

MacOSXのデスクトップの表示にPDFが使われているため、ほとんどのソフトでその表示をPDFに変換できる。 メニューで言えばファイル→プリント→PDFプルダウンからPDFまたはPDF/Xが作成できる。

↓「各種ノウハウ等」も参考にしてください。

PDF/X とは[編集]

PDF をベースとして策定された、プリプレス(印刷用途)を目的としたファイル形式。ISO15930 として規格化されている。 入稿時のデータ交換を円滑におこなえるよう、フォントは全て埋め込まれ、カラーは CMYK 指定となるなど、通常の PDF よりも制約が厳しい。


閲覧ソフトウェア[編集]

画像ビューアでも概観することができると思います → リスト/画像編集

Adobe Reader (Acrobat Reader)[編集]

AdobeAcrobat を参照して下さい。

PDFView[編集]

GPL で開発されている PDF プレビューア。 書類の自動再読み込み機能があるため、TeXのプレビューアとして利用すると便利です。 表示倍率の自動調整機能がユニークです。 TeXShop や TeXniscope のコードが一部使われていて、 インターフェースも良く似ています。 2007年8月現在、開発が停止している模様です。

-http://pdfview.sourceforge.net/

Skim[編集]

高機能なオープンソースの PDF プレビューアです。 TeX のプレビューアとしてもよく使われます。

  • PDFファイルにメモを付記することができる。
  • ファイルを自動更新する場合は「環境設定... > 同期する > ファイルの変更をチェック」にチェックを入れる。
  • 文書内のリンクをマウスオーバーだけでプレビューできる

編集または変換ソフトウェア[編集]

Adobe Acrobat (Acrobat Professional)[編集]

PDF 文書のページ結合/分割等が可能です。

Adobe Illustrator[編集]

PDF ファイルの中の図形や文字を再編集できる場合もあります。

  • Adobe Illustrator から再編集可能オプション付きで PDF ファイルを書き出せば、そのファイルはほぼ再編集できるようです。
  • そのような pdf ファイルは,bounding box サイズの情報が内部に埋め込まれているようです.
    • latex の includegraphics コマンドは自動的に読み取ってくれます.
  • また,文字に対して,「オブジェクトのアウトライン」の操作を施した後にも,Illustrator においては通常の文字の場合と同様に扱えるようです.
    • pdf ファイルにした際のトラブル回避のために,例えば CMMI の λ などの文字に対しては上記操作を行っておく必要がある(?)ようです.
  • なお,「PDF ファイル内への使用フォントの埋め込み」オプションも行った方が良いようです.(安全のため)

Automator (AppleScript)[編集]

複数のPDFを順番に結合して1つのPDFを作成

Formulate[編集]

PDFに加筆する

joinPDF/splitPDF[編集]

PDF 文書の結合や分割を行うコマンドラインツール。

PDF2Office[編集]

PDFClerk[編集]

複数のPDFファイルを結合


PDF Confidential[編集]

PDF にパスワードをつける Automator アクション。フリーウェア。


PDFGarden[編集]

複数のPDFファイルを結合。パスワード付きPDFファイルをパスワード無しへ変換など。


PDFJ[編集]

PDFJは、日本語PDFを生成するPerlモジュール。⇒ http://hp1.jonex.ne.jp/~nakajima.yasushi/

PDFLab[編集]

PDF ファイルの結合や分割を行なうアプリケーションです。フリーウェア。 部分的な結合、奇数ページ・偶数ページでの分割、空白ページやイメージの挿入も可能です。

PDFMergeX[編集]

複数のPDFファイルを結合

PDFpen[編集]

各種ノウハウ等[編集]

PDF 閲覧時の再現性[編集]

PDF を相手の環境でも確実に表示・印刷できるようにするには、PDF ファイルにフォントを埋め込むことが重要です。

フォントを埋め込むことで、PDF を閲覧する側のコンピュータに同じフォントがインストールされていなくとも、 フォントの置き換えがおこなわれず、元のフォントのまま PDF の内容を表示・印刷することができます。

  • 欧文基本フォント (Courier、Helvetica、Times、Symbol、Zapf Dingbats)は、埋め込まなくてよい?
    • Helvetica/Courier/Times等 の upright 体の μ は、(pdfファイル内に upright 体として埋め込まれていない限り、)そのままでは、MacOSX にバンドルされているフォント、すなわちslant 体の μ として表示されてしまう。これの解決策の一つとしては、Adobe Illustrator を利用できる場合に、「μ 」の文字に対して de-tilt 変形を行って upright 体もどきを作り、そしてオプジェクトに対するアウトライン化を施せば良い。
    • いずれにせよ、問答無用で全てのフォントを埋め込めば話が早いのでは。


pdf 文書の中に、日本語文字が含まれているかどうかを点検する方法[編集]

Acrobat Professional(有償)のプリフライト機能を利用する?

PDF テキストや iPhoto ブックのスペースが 2 つのドットで表示される[編集]

Wiki内の関連ページ[編集]