CarbonEmacsPackage/追加ライブラリのインストール手順

提供: MacWiki
移動: 案内検索

追加ライブラリのインストール手順[編集]

「Carbon Emacs パッケージ」の Emacs は 全ファイルがアプリケーションアイコンの中に入っていて、主なディレクトリは (Emacs.app)/Contents/Resources の下に展開されています。小さなライブラリを使う場合は ファイルを site-lisp ディレクトリに置くだけで大丈夫でしょう。 メニューバーの 「Help > Carbon Emacs Package > Open Site-Lisp Directory」を 選ぶと Finder で site-lisp ディレクトリを開くことができます。

$ ls (Emacs.app)/Contents/Resources 
CVS             English.lproj   leim            man             var
Emacs.icns      etc             lib             share
Emacs.rsrc      info            lisp            site-lisp

インストールに configure を使うライブラリは、 次のようにオプションを指定すればいいと思います。

./configure --prefix=(Emacs.app)/Contents/Resources \
 --bindir=(Emacs.app)/Contents/MacOS/bin \
 --with-emacs=(Emacs.app)/Contents/MacOS/Emacs
  • lispライブラリではない周辺コマンドは、パスなどを適切に設定できれば

普通に configure して /usr/local/ 以下にインストールしても大丈夫です。

  • Emacs.app 内にインストールしたとしても、

リロケータブル(Emacs.app アイコンをどこに置いても動作する)になるわけではありません。

  • make で --with-emacs オプションが効いていない場合もあるそうです。

その場合は、make コマンドに次のようなオプションを渡して下さい。

 make [install] EMACS=(Emacs.app)/Contents/MacOS/Emacs

emacs-w3m[編集]

$ configure --with-addpath=\
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/apel:\
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/flim:\
/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/emu \
--with-lispdir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/w3m \
--with-icondir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/etc/w3m/icons \
--infodir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/info \
--with-emacs=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs
$ make
$ make install
$ make install-icons

goby[編集]

make all install ELCDIR=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/goby
  • .emacs.el に次の項目を追加
(autoload 'goby "goby" nil t)
  • .emacs.el に次の項目を追加(廣松さんのメニューバーパッチを当てて自分で Build している方は不要です)
(add-hook 'goby-view-mode-enter-hook 'mac-hide-menu-bar)
(add-hook 'goby-view-mode-exit-hook 'mac-show-menu-bar)
  • M-x goby で goby を起動する

goby 0.9 はマルチディスプレイ環境に対応していないので、「画面のミラーリングをオン」をオンにして使うと良い。

imaxima[編集]

Imaximaにインストール方法が記載されています。

ispell[編集]

パッケージには aspell が同梱されています。

関連ページ[編集]

ライセンス[編集]

>Licensed under BSDAdClause.

インストール[編集]

下のようにlocal.hを書き換えて、make; make install します。

#define BINDIR "/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/bin"
#define LIBDIR "/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/lib/ispell"
#define MAN1DIR "/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/man/man1"
#define MAN4DIR "/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/man/man4"
#define TERMLIB "-lcurses"

インストールしてみて、「辞書がない」と怒られる場合は 環境変数 ISPELLDICTDIR を LIBDIR に設定して対処。 その際、↓のようにするとリロケータブルになる。

(setenv "ISPELLDICTDIR" (concat carbon-emacs-package-prefix "/lib/ispell"))

ref: http://hp.vector.co.jp/authors/VA028080/ispell.html

  • ispellで日本語まじりのテキストをチェック

.emacsに以下のように書く。

;; M-x ispell で日本語混じりのバッファでエラーが起きるのを防ぐ設定 
;; (ELF:01329) by 山岡さん
;; 
(eval-after-load "ispell"
  '(setq ispell-skip-region-alist (cons '("[^\000-\377]+")
				ispell-skip-region-alist)))

lookup[編集]

  • ebライブラリ
./configure --prefix=/Applications/Emacs.app/Contents \
            --bindir=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/bin
make
make install
  • eblookup
./configure --prefix=/Applications/Emacs.app/Contents \
            --bindir=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/bin
make
make install
  • lookup
./configure --with-emacs=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs \
--with-lispdir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/lookup \
--infodir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/info
make EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs install


  • 設定など
    • 起動ロゴが五月蝿い
      • (setq lookup-enable-splash nil) とするらしいです。

migemo[編集]

Emacs.app内にインストールする手順。

  • bsearch.rb, romkan.rb, SKK-JISYO.L を migemo-0.40のディレクトリに置く。
  • configure, make
./configure --prefix=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources \
--bindir=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/bin \
--with-emacs=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs
make
make install rubydir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/lib/ruby/site_ruby
cp bsearch.rb /Applications/Emacs.app/Contents/Resources/lib/ruby/site_ruby
cp romkan.rb /Applications/Emacs.app/Contents/Resources/lib/ruby/site_ruby
cp migemo.el migemo.elc /Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/
  • .emacs.elで下の設定を追加。
(setq migemo-command "migemo"
      migemo-options '("-t" "emacs"  "-i" "¥a"))
(setenv "RUBYLIB" "/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/lib/ruby/site_ruby/")
(require 'migemo)

mu-cite[編集]

http://www.jpl.org/elips/mu/

make install \
  EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs \
  LISPDIR=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp


navi2ch[編集]

./configure \
  --with-lispdir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/navi2ch \
  --with-icondir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/etc/navi2ch/icons \
  --with-emacs=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs
make; make install

skk[編集]

日本語入力/かな漢字変換システム。

       tar zxvf GPL/ddskk-*.tar.gz
       cd ddskk-*
export SKK_LISPDIR=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/skk \
	SKK_INFODIR=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/info \
	SKK_DATADIR=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/share/skk ; \
make EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs \
     prefix=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources install


yatex[編集]

CarbonEmacsAndYatex を参照して下さい。

YC(Yet another Canna client)[編集]

http://www.ceres.dti.ne.jp/~knak/yc.html

Makefileを手動で

EMACS = /Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs
elispdir = /Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp
INSTALL_PATH = /Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/bin

と書き換える。

wanderlust (2.12.0)[編集]

shimbunをインストールするためには・・・

(setq load-path (cons  "/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/w3m" load-path))

をWL-CFGに追加してmake;make install したら無事インストールされるようになりました。(SaY)


psgml[編集]

./configure \
--prefix=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources \
--bindir=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/bin

生成されたMakefileを以下のように修正

lispdir = $(prefix)/site-lisp 
EMACS = /Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs

あとはmake, make install

 make [install] EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs \
 lispdir=/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp/psgml

でも良さそうですね。


HaRe[編集]

snapshot を落としてきて、Emacs のパッケージ内に入れて make (自動生成で make したディレクトリにあるリファクタリングツールにパスが通るよう editor 内に haskell-refac.el が作られるため、この方法が望ましいと思われる。)

また、configure などを使わないので、GHC をインストールの上 /usr/local/bin にパスを通したり、readline ライブラリのパスの通った状態で用意しておく必要がある。(ソースや http://wxhaskell.sourceforge.net/building-macosx.html で参照されているパッケージからインストールした場合は、この点について特に考える必要なし。 Fink から入れた場合、http://www.cse.unsw.edu.au/~sseefried/ghc_nightly.html に載っているような設定でパスを通す必要がある。)

(autoload 'haskell-refac-mode "haskell-refac"
      "Minor mode for refactoring Haskell programs" t)
(add-hook 'haskell-mode-hook 'haskell-refac-mode)

を設定するとデフォルトで HaRe モードが起動します。


tamago[編集]

Makefileを編集

EMACS   = /Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs
lispdir = /Applications/Emacs.app/Contents/Resources/site-lisp

そのまま

sudo make install

あとは、(setq default-input-environment "Japanese")など、設定すればよいです。