計算処理系

提供: MacWiki
移動: 案内検索

下記の多くは、対話型計算処理が可能、および2D (and 3D) グラフ表示機能も持っています。


表計算系[編集]

Microsoft Excel[編集]

表計算ソフト。 http://www.microsoft.com/japan/mac/default.asp

統計処理系[編集]

R[編集]

⇒ 詳しくは R を参照してください。

MATLAB系[編集]

FreeMat[編集]

MATLABライク

MATLAB[編集]

グラフ表示機能も備えた数値計算用のプログラム言語。 → MATLAB を参照して下さい。

Octave[編集]

MATLAB互換(MATLAB-clone)のフリーのプログラム言語。 → Octaveを参照してください。

Scilab[編集]

MATLAB互換(MATLAB-clone)のフリーの言語環境。

参考:

Julia[編集]

MATLABに似ている。グラフ可視化(plotコマンド等)は、web-based の対話型セッションで動く。

数式処理系[編集]

Mathematica[編集]

数式処理、グラフ可視化表示、数値計算などが可能な処理言語環境。 詳しくはMathematica をご参照ください。

  • テスト
 r = Sqrt[x^2 + y^2];
 e = {x, y}/r;
 Simplify[D[e[[1]], x] == e[[2]]^2/r]  # => True (良好)
 Simplify[Sqrt[x^2] == x, Assumptions -> x > 0]  # => True (良好)

Maxima[編集]

Maxima を参照して下さい。

  • テスト
r : sqrt(x^2 + y^2);
e : [x, y]/r;
is( equal ( diff(e[1], x), e[2]^2/r ));  # => true (良好)
assume(x > 0);
is( equal ( sqrt(x^2), x ));  # => true (良好)
quit();

Maple[編集]

Waterloo が開発した商用数式処理システム。当然 2D、3D の関数のグラフを書くこともできます。EPS への出力も可能です。アニメーションを HTML(アニメーション GIF)で出力することもできます。なお、Mac OS X 用には日本語版はありません。Ver.9 のときは「G5 への対応は未定」となっていましたが、最新の 9.5 ではそのような記述は見当たりません。正式に対応(or 最適化)しているのでしょうか?(詳細不明)

学生版なら 3 万円弱で買えると思います。機能制限もありません。ただし、サイバネットシステムでは Windows 版しか扱っていません。(最近のことは分かりませんが)以前は神保町の三省堂や秋葉原の書泉ブックタワーなどの大手書店で扱っていました。

sage[編集]

数式処理系の一つ。文法はPythonとの共通点が見られる。詳しくはSAGE をご参照ください。

sage: x, y = var('x,y')
sage: r = sqrt(x^2 + y^2)
sage: e = [x/r, y/r]
sage: bool(diff(e[0], x) == e[1]^2 / r)  # => True (良好)
sage: assume(x > 0)
sage: bool(sqrt(x^2) == x)  # => True (良好)

SymPy[編集]

これはPython 用の数式処理ライブラリ。詳しくはSymPy(Wikipedia)等をご参照ください。

import sympy * # sympy-0.6.5
x = Symbol('x')
y = Symbol('y')
r = sqrt(x**2 + y**2)
e = [x/r, y/r]
print simplify(e[0].diff(x)) == \
 simplify(e[1]**2 / r) # => False (不調)