リスト/3D

提供: MacWiki
移動: 案内検索

3次元可視化ツールに関する情報をまとめていきましょう。 2次元のものは リスト/グラフ・可視化 にお願いします。

3D-XplorMath[編集]

TidBITS

AVS/Express MicroAVS[編集]

天文分野でよく使われている3次元可視化ソフトソフトウェア。

Blender[編集]

マルチプラットフォームでフリーの3次元可視化ソフトソフトウェア。

Cheetah3D[編集]

詳しくは Wikipedia:Cheetah3D

Cortona3D Viewer[編集]

ブラウザのプラグインとして提供されている VRML クライアント。

Delta Viewer[編集]

フリーの3Dデータの簡易表示ソフト。境界面を自動的に計算してくれるのが特徴。PowerPC アプリケーション。

Dynagraph[編集]

3D plotting utility だそうです。Fink にはバイナリパッケージがあるようです。

Emon[編集]

Emonを参照して下さい。

EnSight[編集]

高機能な3D可視化ツール。日本の代理店はサイバネット社およびウェーブフロント社。 EnSight Lite から EnSight DR までのラインナップがある。かなり高価。

Geomview[編集]

幾何学形状を可視化.X11上で動作.


Gmsh[編集]

3次元メッシュ作成

IDL[編集]

IDL を参照して下さい。

じゅん[編集]

MeshLab[編集]

MeshLab is an open source, portable, and extendible system for the processing and editing of unstructured 3D triangular meshes. The system is aimed to help the processing of the typical not-so-small unstructured models arising in 3D scanning, providing a set of tools for editing, cleaning, healing, inspecting, rendering and converting this kind of meshes.

OpenDX[編集]

オープンソースの3D可視化ツールで、IBM の Visualization Data Explorer に端を発している。

Mac OS X 版のバイナリ(X11で動作)は、VIS Inc. によって有償で提供されている。


ParaView[編集]

フリーのボリューム可視化ツール。VTK形式を扱う。詳細は Wikipedia:ParaView を参照してください。

Vis5d+[編集]

Vis5d の後継プロジェクト。

Mac用のバイナリ配布ページも。

VisIt[編集]

クロスプラットフォームの3D可視化ソフト。Mac用バイナリあり。マニュアルも充実。

日本語チュートリアル資料が Riken から公開されている。

X3DViewer[編集]

複数枚の画像データを読み込んで、3次元で可視化するソフトウェア。PowerPC アプリケーション。

Xj3D[編集]

Java で作られた VRML クライアント。OSX 用のバイナリあり。LGPL, GPL, BSD ライセンスのフリーウェア。

Wiki内の関連ページ[編集]