コマンド/open

提供: MacWiki
移動: 案内検索

概要[編集]

ファイル、ディレクトリ(フォルダ)、URLを開きます。Finder のダブルクリック操作に相当するコマンドです。

  • 場所:/usr/bin/open
  • OS X のバージョン:Mac OS X の全バージョン

使い方[編集]

open [-e] [-t] [-f] [-W] [-R] [-n] [-g] [-h] [-b bundle_identifier]
[-a application] file ... [--args arg1 ...]

引数として与えたファイルを、そのファイルを開くデフォルトのアプリケーションで開く。デフォルトのアプリケーションは LaunchServices が決定する。

引数がディレクトリ(フォルダ)であれば Finder でそのディレクトリが開かれる。また、引数が URL 形式であれば、デフォルトのブラウザ(初期状態では Safari)でそのファイルが開かれる。

引数は複数指定することが可能で、

open *.doc

のように指定することもできる。また通常、引数はファイル(のパス)名で与えればよいが、

open 'file://localhost/Volumes/Macintosh HD/foo.txt'

のように指定することも可能。

open afp://(IP adress)/

のようなサービスを利用することもできる(文字列 "afp://(IP adress)/" をドラッグ&ドロップしてできたアイコンをダブルクリックすることと同じ)。

また、sudo コマンドを使って

sudo open -a APPLICATION FILE

とすれば管理者権限でアプリケーションを起動し、表示や編集に認証が必要なファイルを編集することもできる。

オプション[編集]

-a application[編集]

open -a Emacs foo.txt

ファイルを開くアプリケーション(基本はパス名)を指定する。

  • アプリケーションのエイリアスのパス名も可。

引数を指定しないと、単に -a で指定したアプリケーションが起動する。

指定するアプリケーションが /Applications フォルダ以下にあれば application はアプリケーション名のみでよい。また、application の指定にアプリケーションバンドルの拡張子 .app をつける必要はない(つけてもかまわない)。アプリケーション名に空白を含む場合には「"Adobe Illustrator 10"」などのように引用符で囲んで指定する必要がある。

-b bundle[編集]

ファイルを開くアプリケーションを指定するのに Bundle Identifier(com.apple.TextEdit などといった形式)を使用する。

open -b com.apple.TextEdit foo.txt

-e[編集]

テキストエディット(TextEdit.app)でファイルを開く。-a /Applications/TextEdit と同じ。

-t[編集]

標準のテキストエディタでファイルを開く。「標準のテキストエディタ」は LaunchServices で指定される。

-f[編集]

標準入力を受け取って(/tmp に作成される一時ファイルにそれを保存し)、その内容を標準のテキストエディタで開く。入力の終了は EOF。

ls | open -f -a "Jedit X"

(ls の出力では、ファイル名に日本語を含む場合など TextEdit.app ではうまく開けないことがある)

-W[編集]

ファイルを開いたアプリケーションが終了するまで open コマンドを終了させない。$EDITOR環境変数に open を指定するには、-n オプションと共にこのオプションを指定する。10.5-10.6のみ。

-R[編集]

ファイルを開かず、Finder にそれを表示する。10.6のみ。

-n[編集]

ファイルを開くべきアプリケーションがすでに起動していれば、そのアプリケーションの新しいインスタンスを開く。10.5-10.6のみ。

-g[編集]

ファイルを開いたアプリケーションを前面に表示しない。10.5-10.6のみ。

-h[編集]

指定した文字列を名称に含むヘッダファイルを検索して表示する(Developer Tools がインストールされている場合、通常は Xcode.app を使用)。

複数のヘッダファイルが該当する場合には該当ファイルのリストが表示され、その中から開くファイルを選択できる。検索を速くするには、ヘッダファイルの拡張子 .h まで含めて指定した方がよい。10.5-10.6のみ。

--args args1 ...[編集]

このオプションに続く上記以外のオプションはファイルを開くアプリケーションにそのまま渡される。10.6のみ。

その他[編集]

Wiki内の関連ページ[編集]