コマンド/launchctl

提供: MacWiki
移動: 案内検索

概要[編集]

daemon や agent を管理するコマンドです。

  • 場所:/bin/launchctl
  • OS X のバージョン:Mac OS X 10.4

Tiger からは、superdaemon の launchd が導入されましたが、 この launchd の動作をコントロールする CUI プログラムが、launchctl コマンドです。

同じ操作を GUI で行う Lingon というアプリケーションもあります。

使い方[編集]

基本的な使い方は、以下の通りです。

launchctl subcommand [args...]

subcommand には load,unload,list,stop,start などのオプションがあります。 なお、daemonやagentを実行するユーザー権限の都合上、 システムのdaemonなどを扱うときはsudo等を使う必要があります。

詳細は、

man launchctl

を、設定ファイルの詳細は

man launchd.plist

を参照してください。

オプション[編集]

load[編集]

launchctl load [-w] 設定ファイル ...

設定ファイルを読みこみます。-wは設定ファイルが無効になっていても,Disableが有っても読み、ファイルのDisableを削除します。

unload[編集]

launchctl unload [-w] 設定ファイル ...

設定ファイルから読み込んだ設定内容を無効にします。-wについてはloadと同様です。

start[編集]

launchctl start job

jobを開始します。このjobは設定ファイル内にあるLabel要素で指定されます。ほとんどの場合ファイル名から.plistを除いたもの。

stop[編集]

launchctl stop job

jobを停止します。以下startと同じ。

list[編集]

launchctl list

jobリストを表示します。

その他[編集]

Wiki内の関連ページ[編集]