キーボードショートカット

提供: MacWiki
移動: 案内検索

ショートカットとは[編集]

Mac OS Xでは、マウスでメニュー項目を選択して操作を進めていきます。 このうち、使う頻度の多いメニュー操作はキーボードからも直接実行できるようになっていて その操作のことを(キーボード)ショートカットと呼びます。 基本操作に対しては、アプリケーションに依らない共通のショートカットが割り当てられていて、 主にコマンドキー(⌘)との組み合わせで定義されています。

  • TIL: Mac OS X: キーボードショートカット

http://docs.info.apple.com/jarticle.html?artnum=75459

凡例[編集]

メニュー項目では、以下の表記でショートカットが示されています。 (ブラウザによっては、記号の一部が見えない場合があります)

  • よく使うキー
    • コマンド:⌘
    • シフト:⇧
    • コントロール:⌃
    • オプション:⌥
    • デリート:⌫
    • リターン:↩
  • その他
    • page up:⇞
    • page down:⇟
    • home : ↖
    • end : ↘
    • エスケープ : ⎋
    • フォアードデリート:⌦
    • eject:⏏

システム[編集]

  • Esc : キャンセル
  • ⌘タブ : アプリケーションの切り替え
  • ⇧⌘タブ : アプリケーションの切り替え(逆順)
  • ⌥⌘D : ドックを出す、隠す
  • ⌘H : 現在のアプリケーションソフト(の全ウィンドウ)を隠す
  • ⌥⌘H : 他のアプリケーションを隠す
  • ⇧⌘Q : ログアウト
    • これらはアプリケーションソフトによる差異はないようです(共通化されています)

共通のキーボードショートカット[編集]

  • ⌘C : コピー
  • ⌘X : カット
  • ⌘V : ペースト
  • ⌘Z : (操作の)取り消し
  • ⌘S : (ファイルの)保存
  • ⌘F : 検索ウィンドウ(ダイアログボックス)を開く
  • ⌘G : 次を検索
  • ⇧⌘G : 前方向(上方向、逆方向)を検索(「あまり共通化されていない例」をご参照)
  • ⌘E : 選択部分を検索文字列に登録(「あまり共通化されていない例」をご参照)
  • ⌘W : (ウィンドウもしくはダイアログボックスの)クローズ
  • ⌥⌘W : 全てのウィンドウ(or 文書)を閉じる(「あまり共通化されていない例」をご参照)
  • ⌘Q : 終了
  • ⌘O : (ファイル等を)開く
  • ⌘P : 印刷ダイアログボックスを開く
  • ⌘A : 全てを選択
  • ⌘I : 情報を見る
  • ⌘: : スペルチェックウィンドウ(ダイアログボックス)を開く
  • ⌘[ : 前へ戻る
  • ⌘] : 次へ進む
  • ⌘, : 環境設定

あまり共通化されていないショートカットの例[編集]

各アプリケーションソフトによる差異をご紹介いたします。

  • 現在のアプリケーションソフト(の全ウィンドウ)を隠す
    • ⌘H : ほぼ全てのアプリケーションソフト
    • ショートカットなし : Adobe Illustrator(なお⌘Hは境界線を表示/非表示に割り当てられているようです)

カスタイマイズ[編集]

「システム環境設定」の「キーボードとマウス > キーボードショートカット」で、 ショートカットキーをカスタマイズすることができます。

また、ユーザの自己責任で下記のような方法を使うことができます。

  • アプリケーションソフトのパッケージ内の .nib ファイルをInterface Builder で修正する。
  • 専用ユーティリティソフトを使ってカスタマイズする。

Mac OS X の重要なショートカット[編集]

Mac OS XFinder の重要なショートカット

  • PowerBook などで外部ディスプレイの有無を再認識(検出)させる:Command + F1 (参考:プレゼンテーション)
  • アプリケーション強制終了: ⌥⌘⎋ , Option + Command + Esc
  • 強制再起動: Control + Command + パワーボタン
  • 強制システム終了:パワーボタンを 10 秒間押し続ける
  • パワーマネージャのリセット:

http://docs.info.apple.com/jarticle.html?artnum=14449

テキストフィールドのキー操作[編集]

Cocoaアプリケーションのテキストフィールドでは、コントロールキーを中心としたEmacs系のキーバインディングが使えます。(例、⌃A:行頭へ移動、⌃E:行末へ移動、⌃K:キルリング、⌃Y:ヤンク)


マウス操作も併用するショートカット(共通的なもの)[編集]

  • 最前面ではないウィンドウのタイトルバーの部分を、Commandキーを押しながらマウスでドラッグする: そのウィンドウを動かす事ができる。その際に最前面化・アクティブウィンドウ化はされない。
  • Finderのウィンドウタイトルバーの部分を、Commandキーを押しながらマウスクリックダウンする: プルダウンメニューが現れるので上位ディレクトリへ移動可能
    • さらに加えてOption キーも押すと,上位ディレクトリへ移動する際に元のウィンドウは閉じられる。
      • どうやら Mac OS X 10.4.x ではこれができなくなっているようです。
  • Safariではwebサーバのディレクトリを上位へ移動することになるようです。(他のwebブラウザアプリケーションでは、これはが働かない:Firefox, Camino, ...)

マウスホイール回転も併用するショートカット[編集]

マウスホイール回転による機能

  • ウィンドウ(の内容表示)を左右にスクロールするには,
    • Shift キー+ホイール回転
  • 文書(の内容の表示)を拡大縮小(ズーム)するには,
    • 例:Adobe Acrobat (Reader)、mi(表示フォントサイズ変更)では:Option キー+ホイール回転
    • 例:OmniGraffle では:Commandキー+ホイール回転
    • 例:Excel では:Command + Controlキー+ホイール回転(Commandの代わりに、Shift/Optionキーでも可)
~/Library/Application Support/Firefox/Profiles/??????.default/user.js
user_pref("mousewheel.withaltkey.action", 2); # "2" だと「履歴を前に戻る・先に進む」
user_pref("mousewheel.withaltkey.action", 3); # "3" だと「拡大縮小(ズーム)」

マウス操作だけで行うショートカット(共通的なもの)[編集]

キーボードを用いないタイプのショートカットです。

  • アプリケーションソフトにおいて、「ファイル・フォルダ選択のウィンドウ」(オープンもしくは保存の際)を開いたときに、Finder で見えているファイル・フォルダを、そのウィンドウへドラッグ&ドロップする: そのフォルダの位置へ切り替わる。

Wiki内の関連ページ[編集]